水回りトラブル豆知識 蛇口編 | 蛇口の水漏れパッキン交換 | 水道屋さん比較ナビ

水道屋さんの選び方や料金相場などを徹底比較

水道の水漏れ修理など水周りの工事をご検討中の方は
必ず最適な水道屋さんが見つけられます!

比較ナビ源泉の水道屋さん徹底比較

水回りトラブル豆知識 蛇口編

パッキンが入手できない場合は水道の水漏れ専門業者にお願いしよう

蛇口を捻ればすぐに出てくる水は、日常生活に無くてはならない必需品です。水が無ければ料理もできず、洗顔に歯磨きに入浴、それにトイレにも困ることになってしまいます。当たり前のように暮らしに水を提供している水道設備ですが、時には水漏れなどのトラブルを起こすこともあります。トラブルの原因はさまざまで、経年劣化や部品の破損などが挙げられます。
蛇口は細かな部品で構成されています。一般的な捻るタイプの蛇口の場合、パイプナットにビスにハンドル、スピンドルにパッキンと、パーツ自体は小さいものの、それぞれがなくてはならない存在です。どの部品に異常が出たかによって水漏れの酒類も変わりますが、ハンドル下などから水が漏れ出ている場合には、パッキンの老化が考えられます。この場合、蛇口のハンドルを外して修理を行うことになります。通常ならば部品交換だけで修理は完了するでしょう。DAYや修理を得意とする人ならば、深い知識がなくてもハンドルを外してのパーツ交換ぐらいならば挑戦することができます。しかし経年劣化によって蛇口自体に異常が出ていたり、あるいはパッキンの型番が古くて入手できない場合には、自力での修理は困難となります。
こういった場合には、専門の業者に依頼することで、スムーズに修理を完了することができます。水漏れ専門業者は水道について深い知識を持ち、また日々の仕事で経験を積んでいます。水道がどのような状態にあり、どんな修理が必要なのかを適切に見極めてくれるでしょう。ほかの設備や製品がそうであるように、水道設備も型番が古いものはメーカー側の生産が終了してしまいます。このため、修理をしたくても古いパーツほど入手できず、お手上げとなってしまう可能性もあります。水道トラブルの専門業者では、パーツが入手できない場合の対策も考えられているため、依頼してしまえばあとは安心して任せることができるはずです。
長く使えるとはいえ、水道の設備にも寿命はあります。設備を支えるパーツそれぞれにも寿命があり、また取り換えようと思ってもすぐに交換できない可能性もあるということを、事前に知っておくことが大切です。水漏れのは大きなトラブルの原因ともなります。漏れ出た水は家を傷めますし、マンションならば階下も濡らしてしまいます。もしもパッキンが壊れた場合などは無理に自力での修理を行わず、なるべく速やかに水道の専門業者を呼ぶことで、トラブルが大きくなる前に解決することができます。

水道蛇口交換事例

作業前
作業中
作業前
作業後
      

蛇口の水漏れ!交換すべきパッキンを特定しよう~吐水口の場合~

蛇口から水漏れをした際にはパッキンを交換することが多いですが、使用している箇所をきちんと特定する必要があります。水漏れを起こす箇所は主に二つで、吐水口からポタポタと垂れてくるのかハンドル下のナット部分から漏れてくるのかの二つが多いです。漏れてくるのだから同じ場所が原因と思ってしまいますが、そうではありません。蛇口とハンドル下では原因となるものが違います。
ハンドル下の部分はねじのように回転して、開け閉めをすることになります。この部分にもパッキンがあり、これが劣化することにより、水を出したときにここから漏れてくることになります。しかし、水を出さなければ漏れてこないので、そこまで心配はいりません。重要なものはハンドルを回してしっかりと閉めているのに、蛇口から水が漏れてきている場合です。
何もしていないのに蛇口から水が漏れていると、使っていないのに水道代が増えたりして良くありません。そのため、きちんと直す必要があります。水栓の構造は、ハンドルがスピンドルというものに繋がっており、スピンドルの下にはコマというパッキンがついているものがあります。ハンドルを開け閉めすることにより、コマが弁座に押し当てられたりすることにより、水を出したり止めたりできます。コマについているパッキンが劣化すると、弁座にうまく密着しなくなり、水漏れが起こります。
この時の症状が、吐水口から水がポタポタと垂れるものです。吐水口から水がポタポタ垂れている場合には、コマが原因であることが多いので、大体の見当をつけることができます。コマは単体でも交換できるので、それほど修理代もかかりません。また、コマではなくその上のスピンドルが原因の場合もあります。この場合は、スピンドルが劣化することにより破損していることなどがあります。長居年数使用しているとどうしても劣化してしまうものなので、劣化するたびに新しいものに交換する必要があります。
スピンドルを帰る際には、一緒にコマも交換すると効果的です。どちらかが劣化しているとまたすぐに修理しTなければいけないので、スピンドルを替えるときは同時に新しくしましょう。水漏れも原因がわかれば、ある程度安心することができるので、どのようなことが原因なのかある程度把握しておくことが大切です。また、水漏れが起きたときには、元栓を閉めて余計な水が出ないようにしておくことも大事です。元栓の位置も把握しておきましょう。

蛇口の水漏れ!交換すべきパッキンを特定しよう~付け根部分の場合~

キッチンや洗面所の蛇口は、時間の経過とともに劣化してきます。どれぐらいで劣化するかは、もともとの品質や使っている環境によっても異なりますが、15年から20年ぐらいすると水漏れが発生することがあります。水漏れが発生する場合とは、蛇口のすき間からちょろちょろと水が漏れてくる状態です。ほんの少しの水の量であれば問題ないと判断して、何も対策をしない人がいるのも事実です。たしかに少しの水の量であれば問題ないと思うかもしれません。ですが、少しの水も1日ためるとかなりの量になります。場合によってはバケツ一杯の水の量になることもあるでしょう。また、水漏れ個所は一度悪くなると回復することはまず見込めません。つまり、時間の経過とともに漏れ出す水の量が増えてくることになります。
その時は、早急に蛇口の修理をすることが必要です。たいてい蛇口からの水漏れはパッキンが劣化していることが原因になります。そのため、パッキンを交換することでとりあえず直すことは可能です。パッキンは、蛇口の付け根の部分にありますので確認をしておきましょう。ですが、これを素人がやろうと思うとなかなか難しい面があります。そもそも作業以前にどのパッキンか種類が分からないからです。蛇口に利用しているパッキンといえども、いくつかの種類があります。交換するときに違うサイズのものを購入してしまった場合は再び買い直さなければならないといった手間がかかるでしょう。特定することができないならば、自分で修理をすることをあきらめるしかありません。それならば初めから業者に依頼をした方が良いことがわかります。
業者に依頼する時のポイントは、まず丁寧に仕事を行ってくれるかがポイントになります。丁寧に仕事を行う業者はたいてい良い口コミがあります。例えばインターネットのサイトでよい口コミの業者を探すことで、丁寧に仕事をしてくれる業者を見つけることができるでしょう。ただし、口コミは必ずしも本物とは限りません。インターネットの場合はだれが書いたかわからない部分がありますので、しっかりとした根拠を必要とします。
根拠の一つは、口コミを書いた人の名前が出ている場合です。また、顔写真が出ていることでかなり信ぴょう性が増すでしょう。さらに、仕込みがパソコンの文字で書かれたものではなく、明らかにお客さんが書いた直筆の手紙のようなものであれば本物の口コミの可能性がぐんと上がります。

キッチン蛇口交換事例

作業前
作業中
作業完了後
作業前
作業中
作業後

 

水漏れした蛇口のパッキン交換は自分でできる

蛇口の水漏れは、ある日突然起こってしまうことが多いため、あせってしまう人も多いでしょう。それに、放っておくと床が水浸しになるなどの被害が大きくなってしまうため、早めの対応が必要になります。しかし、水漏れの原因はさまざまなので、それぞれの原因によって修理の仕方も変わってきます。その原因には簡単に対処できるものから素人では対処できないものまでありますが、素人でも比較的簡単に対処できるケースも多いため、その方法を知っておくと便利でしょう。
蛇口の水漏れで多いのは、パッキンと呼ばれる部品の劣化によるものであり、その部品の交換による修理は比較的簡単に行うことができます。実際の修理の手順については、まずは、水道の元栓を閉めることが必要になります。元栓を閉めないまま作業を行ってしまうと水が噴き出してしまうため、必ず閉めてから行うようにしましょう。元栓がある場所は、マンションの場合であれば玄関の前にあるパイプシャフトと呼ばれる所にある場合が多く、一戸建てであれば敷地内の地面に設置されたボックスの中にあるのが一般的です。元栓には青いレバーが付いていることが多く、それをひねると水道を止めることができます。そして元栓を閉めたら、水が出ない状態になっていることを確認し、もし水が出てくるようであれば、もう一度元栓を閉めなおすようにしましょう。
次に、実際の作業の手順については、三角形のハンドルが付いたタイプと、丸いハンドルになっているタイプで多少異なります。まず三角形のハンドルの付いたタイプに関しては、最初にカラービスと呼ばれる、ハンドルの上部についた色付きの丸いネジを、ウォ―ターポンププライヤーと呼ばれるペンチのような道具で外します。するとハンドル部分も外すことができるようになるため、そのまま外し、次にハンドルの下にあるナットを外します。
そして「コマパッキン」(コマのような形をした部品)と「水栓ケレップ」と呼ばれる部品を交換し、元の状態に蛇口を組み立てなおせば作業が完了します。また、このコマパッキンと水栓ケレップはホームセンターなどで販売されているため、簡単に入手することが可能です。
そして丸いハンドルになっているタイプに関しては、まずハンドルの上部についているカラーキャップと呼ばれる部分をキリや精密ドライバーなどで外すと、十字ネジが現れるのでそれを緩めます。そしてそれ以降の手順は三角形のハンドルの場合とほぼ同じになります。

水道蛇口交換事例

作業前
作業中
作業完了後
作業前
作業中
作業後


※当ページの写真は口コミ投稿者からご提供いただいた写真です。

 

オススメの水道屋さん

  • 住まいる水道

    金メダル

  • グローバルメンテナンス

    銀メダル

  • ラインファミリー

    銅メダル