水回りトラブル豆知識 蛇口編 | 蛇口の水漏れ修理 | 水道屋さん比較ナビ

水道屋さんの選び方や料金相場などを徹底比較

水道の水漏れ修理など水周りの工事をご検討中の方は
必ず最適な水道屋さんが見つけられます!

比較ナビ源泉の水道屋さん徹底比較

水回りトラブル豆知識 蛇口編

むやみなDIYは失敗のもと。蛇口の水漏れ修理はプロに依頼

下水道や上水道の修理に関しては、さすがに一般家庭ではできません。しかし、水道の蛇口に関しては、一見すると構造がシンプルに見えるので、自己判断で水漏れの原因の診断をし、業者に依頼することなしに、DIYで修理を行い、取り返しがつかない事態にしてしまうケースは多くあります。水道は、多くの部品から構成されている複雑なものであるのと、少しの隙間でも水は漏れてくることが相まって、蛇口の修繕に関連する作業で、DIYは非常に危険です。
マンションやアパートなどの集合住宅の場合、水漏れの修理をして、仮に悪化させてしまった場合には、階下に大きな被害を与えてしまう可能性があります。水が漏れて止まらなくなってしまった場合、お風呂などでは排水溝から漏れた水は流れますが、洗面所や台所の場合、床にあふれ出てしまうこともあります。そうなった場合には、階下の天井から水がしみ出すことになり、大きな不便を与えてしまいます。損害賠償ともなれば、大きな金額を支払う必要があります。
また、大家さんや管理会社に対しても、損害賠償をしなくてはいけない可能性もあります。建物の設計ミスや、蛇口そのものの劣化であれば、責任を負わなくも良い場合が多いです。しかし、余計な修繕をしたうえで、建物を傷めてしまったとなれば、過失による損害を与えたことになるので、賠償責任が発生する可能性があります。保険に入っていれば、ある程度の金額は保険によってカバーされますが、あまりにも巨額の賠償となると、自分で支払う金額が大きくなります。
マイホームなどの所有物件の場合では賠償の必要はありませんが、床が水浸しになってしまうと、修繕費用は高額になります。蛇口の水漏れ修理を業者に依頼するだけの場合は、料金も比較的安く、時間もかかりません。しかし、水が染み込んだ床は腐ってしまうことがあり、その場合には水漏れを直す以上のお金を支払う必要があります。自分で直せるところは、自分でやることも大切です。しかし、水回りは複雑な構造になっていることが多いのと、金属やプラスチックを使っていることがほとんどなので、壊してしまうと一般家庭での手直しは実質的に不可能になります。
蛇口の水漏れ修理は、業者に依頼しても高額ではなく、自分で直す手間も省けます。DIYで直そうとして、後々高額の修繕費用を支払うことになってしまうよりは、支払う金額やかかる時間が少ないうちに、業者に依頼した方が安全です。

水道蛇口交換事例

作業前
作業中
作業完了後
作業前
作業中
作業後
      

蛇口の水漏れ修理をする前に準備しておくこと

蛇口の水漏れが起きて、周囲が水浸しになった場合、早急に修理を依頼することになります。この場合、自分でも出来そうだと思いがちですが、下手にやってしまうと後でトラブルになってしまうことがあり、その際に責任を問われかねません。そのため、どんな理由であれ業者に依頼を出すことが求められ、様々な準備をしておく必要があります。
まず準備すべき内容としては、メーカーや型番などをリサーチすることです。業者が来た場合、それに合わせた対処法というものをしますが、できれば事前にメーカーや型番がわかれば、それに特化したものを持っていき、修理をすぐにしてもらうことが可能です。最近ではスマートフォンなどで撮影し、それを基に調べることができるばかりか、SNSなどを用いて、調べてもらうということもできます。いずれにしても、業者にスムーズに修理をしてもらうためにも下調べをしておくということはとても大事です。
次に、止水栓を止めることです。いくら蛇口のところで止めたからといって、水漏れが続かないとは限りません。蛇口をひねれば水が出る状態にしてあるということは、下手をすればいくらでも出続ける可能性を秘めています。今は大したことはなくても、目を離したすきに大量に水漏れということになれば、周囲に影響を与えてしまうことから、止水栓のところから水を止め、ストップさせることが求められます。業者が来てから止水栓を開けて状況を見ればいいだけのことなので、修理を始める前にはストップさせなければなりません。
止水栓の役割として、水が止まらない時の応急処置に使うことができます。水道栓の元栓から止めるということもできないわけではありませんが、例えば、洗面所の蛇口が壊れ、そのために元栓を止めるとなると、トイレや洗濯機などは正常に動くため、1カ所のためだけに家全体の水道が使えず、大変です。止水栓があれば洗面所の部分だけ使えなくさせ、他は今まで通り使うことができるようになります。思わぬ水漏れというのを防ぐためというのもありますが、こうした狙いも止水栓にはあります。
下調べをしておくこと、下準備をしておくことが業者を呼ぶ前に必要なことです。あとは下手に触らず、業者に任せることで確実に修理をしてもらうことができるようになります。意外とこうした水漏れは起こりやすく、経年劣化が起こりやすい場所という認識をこの時に持っておくと次に起きた時も落ち着いて行動ができます。

水道蛇口交換事例

作業前
作業中
作業完了後
作業前
作業中
作業後

 

浄水器付き蛇口の水漏れはメーカー確認が必須

ご家庭で浄水器がついた蛇口を使っている方はいますか。その蛇口から水漏れをした時に、なんとかして自分で直そうと思い、いろいろ触ってみた時に偶然にも水漏れがなくなった、または工具を取り出していじってみた結果、うまく修理できたということがあるかもしれません。
水漏れがなくなった以上はこれで大丈夫だと思い、安心してそのまま使っていこう思っている方もいると思いますが、結論から申しますと、一度不具合やトラブルで水漏れなどが起こって、修理が必要になった場合は、必ず浄水器のメーカーに確認を取る必要があるのです。
一般的な蛇口が故障して、そこをご自身で修理した場合とは違い、浄水器がついた蛇口が壊れた場合などは、ご自身の手で直すのではなく、業者をきちんとよんで、しかもそのあとにメーカー確認を必ずしなければいけないのです。
これはもちろんのことながら、水の中に含まれている有害物質や塩素などを取り除く働きがその浄水器の中に含まれているわけですが、それがきちんと機能しないとなると、本来得られるはずの効果を十分に得ることができないというだけではなく、むしろ有害物質を体の中に多くを取り入れてしまうこともありますし、直ったと思いきや、実は、かえって本来の働きを果たさず、体に悪影響を及ぼすような結果をもたらすこともあるかもしれません。
メーカーが確認するのはそういった水漏れがきちんと直っているかどうかということもそうなのですが、有害物質が検出されないかとか、きちんとその機能を果たしているかどうかなどの確認をしなければいけないのです。ですので、ご自身で修理された場合も業者を頼んだ場合も、その確認を必ずしなければいけないということだけは覚えておかなければいけないのです。むしろこういった時には必ず専門業者に問い合わせをし、その人たちに来ていただいて修理をしてもらった方が良いともいえるでしょう。
うまく直ったのでそのまま使おうとか.水漏れがなくなったのでもう大丈夫だと思い安心して使っていこうと思う方も多いと思います。そして、その水を使って今までと同じように調理をしたり、もしくはそのままその水を口にすると思います。
しかし、うまく機能していない時はとても危険ですし、健康を害することにも繋がりますので、必ずメーカー確認してもらい、安全であるかどうかをチェックしてから使うようにしましょう。その作業を怠らないようにしましょう。

 

絶対に失敗したくない人は必見!蛇口の水漏れ修理業者の選び方

一つ目は、「料金」。
いちばん気になるのは、「いくらかかるのか」ということです。蛇口から少量の水が漏れているというレベルであれば、8,000円~1万円ほどで済みます。 安い所だと、6,000円ということもあります。 水が噴出していたり、浸水していたりする場合は、1万円~3万円くらいかかってしまいます。 手っ取り早く安い所を探す方法は、「相見積もり」をとることです。 複数の会社を比較することで、いちばん安い所を見付けることができます。 ただし、低料金の所は質もそれなりなことがあり、またすぐに水が漏れてくるという事態にもなりかねません。 ですから、安さだけに気を取られすぎるのも禁物です。
二つ目は、「速さ」。
連絡してから、どのくらいで家まで来てくれるのかということです。 水が漏れているのが少量ならともかく、浸水しているくらいになると、悠長なことをいっていられません。 目安としては、都内の場合は30分以内に、地方の場合は1時間以内に来てくれる所であれば、速いといえます。 電話をした際に、何分で来られるのかを尋ねてください。 すぐにおおよその時間を答えられる所であればよいのですが、はっきりした答えが返って来ない場合は、よそを当たったほうがよいでしょう。
三つ目は、「信頼性」。
これを調べるのに最も手っ取り早い方法は、インターネットで口コミを見ることです。 インターネット上には、口コミが溢れており、それらは実体験を基にした物なので、どこを選んだらよいのかの基準としては、かなり正確といえます。 ですが、浸水しているなど切迫した状況の場合は、口コミを見ている余裕がないこともあります。 そういう時は、とりあえず大手に頼むのが妥当といえます。 たいていの人が名前を知っているくらいの会社であれば、信頼性だけでなく、料金や速さも一定の水準をクリアーしていると考えられるからです。 ポイントは以上となりますが、多くの会社が存在している現状では、すぐによい所を探し出すのはなかなか困難です。 できることなら、安くて技術もしっかりしている会社に頼みたいというのは誰しもが思うところですから、いざという時にうろたえないよう、前もってチェックしておくということも重要です。

水道蛇口交換事例

作業前
作業中
作業完了後
作業前
作業中
作業後



※当ページの写真は口コミ投稿者からご提供いただいた写真です。

 

オススメの水道屋さん

  • 住まいる水道

    金メダル

  • グローバルメンテナンス

    銀メダル

  • ラインファミリー

    銅メダル