水回りトラブル豆知識 蛇口編 | キッチンの蛇口水漏れ | 水道屋さん比較ナビ

水道屋さんの選び方や料金相場などを徹底比較

水道の水漏れ修理など水周りの工事をご検討中の方は
必ず最適な水道屋さんが見つけられます!

比較ナビ源泉の水道屋さん徹底比較

水回りトラブル豆知識 蛇口編

2ハンドルタイプのキッチン蛇口の水漏れ対処法

キッチンの蛇口の水漏れには幾つかの対処法が考えられます。一般的な水道にも使われる形状の蛇口で且つ、水漏れ理由として最も多いパッキンの経年劣化といったケースにおいては、単純に交換する事で漏水の原因を断つ事も不可能ではありません。パッキン自体の費用も、比較的安くなっています。 ですがキッチンはその用途から比較的複雑・多機能の蛇口が設置されているケースが、現在では多くなっているのが実情です。そして特に漏水時に問題となるのが、その中でも2ハンドルタイプと呼ばれるものです。 2ハンドルタイプは単純な水栓を換装して設置する事も出来るので、古い住宅であっても採用例が多いものです。また構造的に稼動部・範囲が少なく寿命が長いという利点もあるのですが、ハンドル部が複数となるのでいざ漏水が起きた場合には原因箇所が絞り難いという欠点があります。いきなり大きな漏水は起き難いものの、先ほど挙げたようなパッキン交換だけではしっかり止まらないケースがあります。適切な対処が出来ないままに使い続けると、より大きなトラブルへと繋がり易くなっていまいます。 そこで2ハンドルの場合、原因をきっちり確定させる事も含めて、始めからプロの修理事業者に依頼するのが適切と言えます。先述のように見た目よりは稼動部の関係で構造が単純な傾向にあり、プロが積み上げた経験と技術を以ってすれば原因の完全な特定には至り易いです。当然、原因に応じた適切な対処法による修理も行われ易いという訳です。 更に構造の単純さから、修理費用は意外に安めに留まり易いという利点があります。きっちり修理される事で寿命の長さも活きて来る為、その後のランニングコストも考えると多少の費用を掛けても修理依頼してしまう方が優位と言えます。 しかもキッチンの場合、漏水で使えない時間が生じる事で生活に齎される不便は大きなものとなります。場合によっては、食事の準備等で一時的に生活を大きく変えざるを得ないケースも生じます。そこで出来る限り早い対処を求める意味でも、修理業者への依頼が優位となって来ます。幸いにして対応可能な事業者の数は地方部も含めて多く、24時間対応が可能な事業者も少なくありません。漏水の状況にも拠りますが、生活に極力ダメージを齎さない時間を選んでの依頼も充分に可能です。 長寿命が利点の2ハンドルタイプを折角使っている訳ですから、プロの事業者にしっかりとした修理をお願いしたいものです。立会いの際にメンテナンスのポイント等も聞いて置くと、更にその利点は活かされる筈です。

キッチン蛇口交換事例

作業前
作業中
作業完了後
作業前
作業中
作業後
      

キッチン蛇口交換事例

作業前
作業中
作業完了後
作業前
作業中
作業後

キッチンシンク下の収納に注意!思いがけない破損で水漏れの恐れも

キッチンシンク下は湿気が溜まりやすい場所でもあるので、収納をする場合には洗剤など掃除用具を入れておくことも多くなります。しかし、入れているものが何であれ場合によっては水漏れしてしまうこともあります。水漏れの多くは、蛇口からポタポタと水が垂れてくる、パッキンの劣化によるところが多いです。その際にはパッキンを交換することで簡単に直すことができますが、そうでない場合もあります。キッチンシンク下などは、配管もむき出しになっていることもあり、どのように物を入れていくかがカギとなります。 キッチンシンク下は湿気も多いので、物をしまっても開けることはあまりない場所でもあります。そのため、破損をしていても気づきにくいこともあります。なぜ思いがけない破損をするかというと、配管は大抵奥の壁際に合ったりします。そのため、収納していくうちに配管が隠れてしまい、どのような状態になっているか気づかないこともあります。そうなると、ラックなどに乗せてしまっていると、配管に無理に力がかかっていることもあり、とても危険です。無理に力がかかっているので、配管の接続部分などに余計な力が加わることになります。それにより接続部分から水漏れをしてくることなどがあります。このようなことが起こる場合は、古い水栓を使っていた場合など配管が劣化している場合も多いので、気をつけなければいけません。 蛇口から水が漏れる以外にも、配水管から漏れてしまうこともあります。排水管から漏れる場合には、穴が開いていたり詰まっていたりすることもあるので、日ごろからチェックすることが大切です。キッチンシンク下の収納に濡れてはいけないものを仕舞っていたりすると、水に濡れてしまうと台無しになってしまいます。水漏れの危険性があることを把握して、万が一の際にも水に濡れにくいように仕舞っておくことも考えなければいけません。すのこなどを使うと、その下を確認しにくいので、ラックなど足の長いもの利用して水に濡れにくいようにして底面が濡れているかも把握しやすいようにしましょう。 キッチンは毎日料理をする場所なので、水漏れをする可能性も高い場所です。水が漏れていると周りのものが濡れてしまうだけでなく、水道代も無駄にかかってしまいます。使っていて異変があったりする際には、業者に依頼してすぐに修理してもらうことが大切です。水に濡れることで木が腐ってしまうこともあるので、気を付けましょう。

シングルレバータイプのキッチン蛇口の水漏れ対処法

水道には様々なタイプがありますが、その中でもキッチンに多く採用されているのがシングルレバーという混合水栓です。名前の通り1本のレバーで水とお湯を切り替えるタイプの蛇口で、平均的な耐用年数は10年程度とされています。この期間を過ぎると、様々な場所から水漏れしてしまうようになるので注意が必要です。 シングルレバーの場合、主な水漏れ箇所としては吐水口や本体、レバーの隙間や水栓の設置部分などが挙げられます。どの部分から水漏れしているかによって最適な対処法も異なってくるのですが、素人ではなかなか正しく判断することができません。修理するためには部品を細かく分解したり交換しなければならないこともあり、素人が下手に手を出すと蛇口として機能しなくなってしまう危険性もあります。できれば自分で修理に挑戦するのではなく、修理専門の業者を呼んで調べてもらうようにしましょう。特に、水漏れの勢いが強い場合やキッチンが耐用年数の10年を超えてしまっている場合、根本的な部品交換などが必要になる可能性が高いので、最初からプロに依頼しておいた方が手間がかかりません。 プロの修理業者に依頼する場合は、まず見積もりを取ることが大切です。電話で問い合わせると、簡単に状況を伝えるだけで見積もり額を教えてくれる業者も多いです。電話だけなら無料で見積もりしてくれることがほとんどなので、気軽に問い合わせてみましょう。キッチンが水漏れすると料理や洗い物も満足にできませんし、ずっと水が流れている様子を見続けるのもストレスになります。少しでも早く修理に来てくれる業者を探す必要があるので、深夜や早朝などいつでも駆けつけてくれる業者を日ごろからピックアップしておくことをお勧めします。基本的には数社から見積もりを取った後に依頼する1社を決めるのが良いのですが、水の勢いが激しいなど急いで修理してもらいたい場合は、信頼できる1社に最初から依頼するのも一つの選択肢です。簡単な修理内容なら5,000円程度の作業費で済むこともありますし、業者によって数倍も価格設定が異なるようなことはないので、スピードを重視するのも良いでしょう。その場合は、修理実績やノウハウが十分にある中堅以上の業者を選ぶことが大切です。インターネットの口コミや評判を調べ、過去にトラブルが無かったかも調べてから依頼するようにしましょう。急な修理だとじっくり調べる時間がないので、日ごろからいくつか目星を付けておくことをお勧めします。

キッチン蛇口交換事例

作業前
作業中
作業完了後
作業前
作業中
作業後


 

使用頻度が高いキッチンの蛇口!老朽化による水漏れは絶対?

いつも通りに使用していたら蛇口から水漏れが発生した、という場合には、取り付けられている部品などの老朽化が考えられます。蛇口には色々な種類が存在します。風呂場や洗面所、キッチンといった水回りに設置された蛇口は、軽くひねるだけで手軽に水を提供してくれます。水回りの設備は当たり前に存在し、いつもはそこにあることすら意識しないほどです。しかし人の手によって作られた設備である以上、水回りも老朽化していきます。 水に関連した設備の中でも、実はキッチンは使用頻度の高い場所です。毎日の食事作りや皿洗いに、水を飲んだり手を洗ったりと、なにげなく利用するシーンが多く、日々激しく使用している部分でもあります。キッチンの蛇口の老朽化が激しいのも、当然のことと言えるでしょう。 部品が破損した場合、水漏れなどが発生します。キッチンからの水漏れは老朽化であることが多く、修理には手間や費用を必要とします。いつもは意識しない部品であることから、手入れをされる回数も低く、また古くなっていること自体に気づかれない例も多数ある場所です。外見は綺麗に見えるからと放置していると、ある日突然壊れて困るということも有り得ます。 また、キッチンの水漏れの原因としては、パッキンの寿命などが挙げられます。水道の部品ひとつひとつは繊細なものです。水の流れを支えることによってパッキンが摩耗し、劣化が進みます。蛇口にカートリッジを取り付けているのなら、こちらの劣化も考えられます。内部部品は古くなるに従ってゆるんだり、亀裂などの不具合も生じます。こうなるとカートリッジの隙間から水漏れしたり、水が詰まったりといったトラブルが起こります。頻繁に手入れを必要とする場所ではありませんが、パッキンなどの耐用年数などを憶えておくことで、壊れてしまう前に交換を行うことができるはずです。 古くなったからといって、必ず水が漏れるというものではありません。しかし古くなるということは、部品が劣化しているということもあります。不具合が出てきたらそのまま放置せず、早めに修理することが、大きなトラブルを避ける近道となります。一戸建てはもちろん、マンションなどの集合住宅の上階に住んでいる場合には、水のトラブルは一大事にもなりかねません。キッチンの蛇口点検や、パッキン、カートリッジの交換などは、専門の業者に定期的に依頼することで、安心して水を利用することができるでしょう。



※当ページの写真は口コミ投稿者からご提供いただいた写真です。

 

オススメの水道屋さん

  • 住まいる水道

    金メダル

  • グローバルメンテナンス

    銀メダル

  • ラインファミリー

    銅メダル