水回りトラブル豆知識 蛇口編 | 混合水栓の水漏れ修理 | 水道屋さん比較ナビ

水道屋さんの選び方や料金相場などを徹底比較

水道の水漏れ修理など水周りの工事をご検討中の方は
必ず最適な水道屋さんが見つけられます!

比較ナビ源泉の水道屋さん徹底比較

水回りトラブル豆知識 蛇口編

混合栓:スパウト付け根からの水漏れはパッキンを確認!

混合栓として使っている蛇口の場合ではスパウトの部分が設置されていることが一般的です。水を出す工程で最後に流れる部分のパーツを指しているのですが、このパーツに関しては付け根部分から水漏れを起こしてしまうことがあります。
一般的な混合栓の場合では、自力で分解することが難しい蛇口として挙げることができるので、必ずプロの専門業者に任せることが必要です。分解する手順が非常に複雑な混合栓も存在していて、台座から取り外すだけでも難しい作業になることが多いので、プロの技術に頼る方法で問題を解決することができます。混合栓のスパウト部分から発生する水漏れに関しては、最初にパッキンを疑ってみることが最も基本的なチェックポイントです。
プロに依頼をした際には、止水栓や元栓を閉めてから作業を行うことになり、蛇口を分解した上でスパウト下部に位置しているパッキンを掃除してみる方法があります。この方法で再度組み立てを行い、水を流して確認する方法があり、この状態で問題が無い場合では、そのまま使い続けることができます。水漏れが止まらないケースの場合では、やはりパッキンを交換することが必要になるので、プロの専門業者に任せると、短時間にて交換作業を済ませることができます。
ゴムで作られているパーツになるので、長期間にわたって使っている場合では、劣化を起こしてしまうことが多いものです。硬化してしまったり、ひび割れを起こしてしまったり、肉痩せを起こしている場合では、水漏れの原因につながることになるので、新しいものへと高官することで簡単に修理を行うことは可能です。パッキンを確認して新しく交換しても一向に水漏れが直らないケースでは、スパウト自体が劣化していることを想定することができます。
このようなケースでは、部品があれば交換する方法があり、部品が既に無いという場合では混合栓全体を交換することを必要としていることが一般的です。その判断に関しては、素人では的確に判断することが難しい内容になるので、この部分から水漏れを起こしてしまった際には、できるだけ早期にプロの専門業者に相談する方法で無事に解決することができます。その際には信頼できる専門業者を探すことも基本的なことになるので、インターネット上で確認した上で利用する業者を探してみることが良い方法です。
このパーツに関しては、必ず水道関連の修理を得意としている業者に任せることが必要になるので、水道のプロとして営業を行う業者を見つけることが基本です。

水道蛇口交換事例

作業前
作業中
作業完了後
作業前
作業中
作業後
      

混合栓:吐水口からの水漏れはパッキンシールの傷・ゴミかみを確認!

混合栓や吐水口から、水漏れがある時は、パッキンシールの傷をよく確認してください。水漏れの原因はいろいろありますが、一番多いのは接続部分からの水漏れです。つなぎ合わせる際に、配管がしっかりつながっていることを、施工業者は施工後によく確認します。ここでつないだ配管がゆるいと、その部分から水漏れしてしまうためです。配管をしっかりつなぐだけでもある程度水漏れの確率は小さくすることができるのですが、シールテープなどを使用することもあります。
よく使われるのは、PTFE製のシールテープです。白くてよく伸びるテープを使われたことはありませんでしょうか?ホームセンターでもよく販売されているものです。使い方としては、配管のオス側にシールテープを巻き付け、メス側との密着性を高めます。そしてつなぎあわせてから、接続部分をさらにシールテープでぐるぐるとひっぱりながら巻いて、隙間を埋めます。そうすることで、漏れを大きく減らすことができます。しかし、シールテープだけだと、混合栓のような圧力の高い部位だと水漏れしてしまう可能性が高くなってしまいます。そこで、パッキンシールをさらに接続部に使用することで、より漏れにくい状態にすることができます。
パッキンシールは、シールテープとは違い、最初から決まった形のものとなっています。管に合わせた性格なサイズのものを選定する必要はありますが、密着性が非常に高く、漏れをより減らすことだけでなく、耐久性も非常に高いものとなっています。このように、接続部位に合わせて、どのような漏れ対策を行うかは異なってきます。もちろん、配管の用途も事前に確認しておく必要があります。室内なのか、外なのか、気温はどうなるのか、環境条件も重要な要素です。配管の接続部の劣化速度に大きな影響を与えるのです。
場合によっては、配管自体にひびが入ったりすることもありますが、接続部分の漏れよりはもちろん起きにくいのですが、その場合はなぜひびが入ったのか原因を追究する必要もあるでしょう。極端な環境条件、マイナスの気温になるような条件だと起こり得ることもあります。その場合は、そもそも断熱材などが必要になってきます。
施工業者にどのようなリスクがあるか事前に伝えておくと、より良い工事を実施してもらえることでしょう。どちらにしても、配管自体のひびよりは、接続部からの漏れのほうが発生頻度は圧倒的に高いです。特に混合栓のような圧力の高いところは、技術力の高い、安心できる施工業者に任せることで、漏れの発生確率は低く抑えることができます。

混合栓の水漏れを直す工具を準備

混合栓の水漏れは家庭内でよく起こる事象であり、それは使う場所や使い方、使っていた期間が長ければ長いほど生じやすいのが特徴となります。それを放置すると水浸しになることがあり、しかも水道代が嵩んでしまい、マメに節水を行っていてもそれが無駄に帰してしまうことも起こります。
また修理には必要な部品や工具を必要とすることが多いため、修理の実績や知識が豊富に存在する修理業者に依頼することで完璧に対応することが可能です。ただ費用もその分、かかってしまいますが、将来的に水漏れし続けて節水の効果が薄れるよりは優れている点はあります。
なお混合栓を修理する上では、一旦その混合栓を構成しているパーツを分解する必要があり、パーツの分解をする上では工具を必要とします。その必要となる工具の種類には幾つか存在し、同じ種類の物を必要とするケースもあります。
まずほとんどがナットによるネジ締めで構成されているため、ナットの取り外しのためのスライドレンチ、プライヤーが必要になります。他にハンドルの種類によっては、時計などの精密な機器に使用できる精密ドライバーを必要として、またピンセットが重宝します。
ピンセットは水垢や微細なゴミなどを取り除いたり、細かい部品で構成されているため、そういった部品パーツを取り外すのに使用することができます。他に水栓レンチが必要でその形状はU字型になっていますが、蛇口本体を取り外す時に必要となります。
さらに配管には銅管を利用されることも多く、仮に銅管の穴が空いた時などには溶接機材で溶接を行うことで穴を防ぐこともできます。配管同士のジョイントを行う便利な圧着機器も存在する為、本格的な対処を行う上でも重宝できます。
他にもプラスドライバー、六角レンチ、マイナスドライバーなども必要で、これらは混合栓の種類においてはビスを多用されていることもあるため、そういったビスを取り外す上でも必要不可欠です。なおバルブ同士の結合部分はすき間が必ず生まれ、そこから水漏れの原因に繋がることも多くなります。
そこで柔らかい素材で出来た白いシールテープを必要とするため、必ず水道工事業者の方は所有していることも多い部材です。水道業者の場合には、様々な現場での依頼が多くなるため、その作業を行う上ではどうしても必要となる豊富な工具を所有しているケースも多くなります。
従って業者に依頼すると家庭内なら即座に対応出来る体制が整っており、その日に修理が完了して水漏れの解消に繋がることも多いです。

水道蛇口交換事例

作業前
作業中
作業完了後
作業前
作業中
作業後

 

混合栓の水漏れ場所によって原因は異なる

混合栓は台所やお風呂場、洗面所といった所で水の他にお湯を使うことがある場所で取り付けられている水栓です。毎日使用していくものですが、使用の仕方や水質などの原因の他に使用期間などによっては劣化が生じ、水漏れが発生することが多い水栓となります。
一番多い混合栓での水漏れは、ハンドルやレバー、接合部分から水がポタポタ落ちるケースで特に水栓を構成するねじ部分からの漏れが多いです。一気に流れる様に出るのではなく、少しずつポタポタと流れ落ち、下部を濡らす症状となります。
ナットやボルトの緩みが多く、他にはパッキン、コマ、バルブの水栓を構成するパーツが朽ちているか、形が異形になっている可能性が高いです。その次に多い原因には、水やお湯などを吐き出す吐水口からポタポタと水が滴れ落ちるケースとなります。
特に混合栓は蛇口を捻ったり、レバーを上げるなどして水を吐水する形になりますが、バルブの締まりや吐水口付近のフィルターが邪魔して、それで水がポタポタ落ちたままになりやすいです。これも該当するフィルターやバルブなどのゴミを取り除くことで対応できる場合が多く、専門業者に分解してみてもらうことで対応することができます。
また途中配管やパイプの付け根付近からの漏れを起こすことも比較的に多く、よくありがちなのはパイプに穴が空いていたり、パイプの付け根部分の結合が外部的に力などをかけたことでひび割れを起こしているケースがあります。途中の配管部分に穴が空くことは稀ですが、誤って硬い物を当てたり落下させたりするしていると穴が空きます。他にも重い物が当たったりするとその衝撃が付け根部分に行くため、その部分にひび割れを起こすことも存在します。
さらに蛇口の付け根や壁面の設置部分から漏れを起こすこともたまに存在し、そうなると配管内部のつまり、設置している箇所のネジ巻き部分の劣化や摩耗を考えることが可能です。専門業者に依頼した場合は、基本としては分解点検、その後にパーツの清掃、正常な状態のパーツであるかの確認を行う作業となります。
水漏れの原因となるパーツが見つかった場合には、そのパーツを新しく交換することで対応してくれ、元通りに違和感なく使える様にしています。実績を積んだ修理業者であれば、水漏れの原因となる場所を確認しただけで何のパーツが悪いのかや対処方法が解ったりします。
水漏れが生じる場合の混合栓を直す方法は、分解してパーツの交換が主流となるため、あらかじめ専用のパーツの用意や専用の工具を必要とするため、専門業者に依頼することが無難です。

混合水栓交換事例

作業前
作業中
作業完了後
作業前
作業中
作業後


※当ページの写真は口コミ投稿者からご提供いただいた写真です。

 

オススメの水道屋さん

  • 住まいる水道

    金メダル

  • グローバルメンテナンス

    銀メダル

  • ラインファミリー

    銅メダル