水回りトラブル豆知識 蛇口編 | 洗濯機の蛇口水漏れに関して | 水道屋さん比較ナビ

水道屋さんの選び方や料金相場などを徹底比較

水道の水漏れ修理など水周りの工事をご検討中の方は
必ず最適な水道屋さんが見つけられます!

比較ナビ源泉の水道屋さん徹底比較

水回りトラブル豆知識 蛇口編

こんな症状は交換の目安!選択肢の蛇口の水漏れチェック

水回りの故障は、急に発生する場合もありますが、多くは事前に予防することができます。
普段から問題ないかどうかチェックすることで、大事に至る前に業者へ修理を依頼するこが可能となりますが、キッチンや洗濯機など、場所によっては使用している部品が異なるため、場所ごとに細かくチェックするのが肝心です。
特に洗濯機が使用できなくなると家庭での洗濯が不可能となるだけでなく、余計な出費に繋がることにもなりかねません。
洗濯機の場合は、給排水ホースや接続部、給水栓やゴミ取りフィルター、排水溝の詰まりを重点的に確認します。給排水ホースは、洗濯機本体から排水溝へと繋がっている部分で、いわば洗濯機の大動脈です。
常に水流にさらされているため、故障発生時は水漏れとして現れることからチェックは容易ですが、内側の汚れなど目視では確認出来ないケースも存在します。
ホースに外傷を見つけた場合は、防水テープなどを使い応急処置を行いますが、早めに修理や交換の依頼をした方が無難です。
接続部分から水が滲みだしている場合は、接続部分の緩みか、もしくはパッキンが劣化している可能性があります。接続部分の緩みが原因であれば、しっかりと接続するだけで改善できますが、正しく接続しても水が滲み出る場合は業者にパッキンの交換を依頼する必要があります。
給水栓は、蛇口部分や接続部から水漏れが発生していないことを確認します。洗濯機が動作していない場合、給水栓からの水の流れ込みはありませんが、パッキンなど部品の劣化により少量の水が流れこむ音がする場合があります。また、給水栓の蛇口部分のパッキンが劣化することで、蛇口部分から水漏れすることもあります。これらの症状が見られる場合は、業者に修理を依頼するのが賢明です。
ゴミ取りフィルターや排水溝も、普段から綺麗に掃除しておくことで、他の部品が故障した際の切り分けが楽になります。ゴミ取りフィルターのゴミは、定期的に取り除くだけで問題ありません。排水溝の詰まりは、多くは急に詰まるわけではなく、少しずつ汚れが積み重なることで発生します。このため、定期的に排水溝用の薬剤を流しこむことで予防が可能です。浴室の排水溝と違い汚れが溜まりやすいわけでは無いため、薬剤の使用は1年から2年に1回程度が目安となります。
これらの事を普段から実践するだけで、洗濯機の負担が軽減することになるため、洗濯機がより長持ちすることにも繋がります。

洗濯機の水道蛇口交換事例

作業前
作業後
 
作業前
作業後
 
      

洗濯機の蛇口が保証期間外に水漏れ!一体どうする?

洗濯機の蛇口が保証期間外に水漏れを起こしてしまったら、業者に依頼して修理して貰いましょう。洗濯機の蛇口などで水漏れが起きてしまった時には、パーツが緩んでいたり、劣化していたり、詰まりが生じていたり、破損しているなどのことが考えられます。洗濯機は振動しますし、温度の急激な変化などにより蛇口に緩みが生じてしまうことがあります。また排水ホースなど周辺の部品がプラスチックで作られていますので、劣化しやすいという特徴もあります。
蛇口周辺の水漏れは生じやすいですから、保証期間外にトラブルが起きてしまうことは十分に考えられます。水回りのトラブルは放置しておくと思わぬ事態を招く恐れがありますので、気付いたら速やかに対応するようにしましょう。
水漏れが起きてしまった時には、まずは給水栓を止めておきましょう。水の供給をまずは止めておかないと、水が漏れ続けることにより、トラブルがもっと大きくなってしまうことが考えられるからです。水のトラブルは厄介ですから、自分でできることはやっておきましょう。応急処置をしたうえで専門業者を依頼したほうが、厄介事を増やさずに済みます。 保証期間が過ぎてしまっているのなら、わざわざ購入時の業者に依頼する必要はありません。
スピーディに対応してくれる専門業者を依頼したほうが問題を早く解決できます。料金のことも気になりますから、事前に確認しておくとよいです。突然のトラブルが起きた時には手元に現金がないことも多いですから、修理にかかる金額だけでなく、支払い方法についても事前に確認しておきましょう。現金払いのみの業者もありますが、クレジットカード払いが可能な業者もあります。手元に現金がないけれどスピーディに修理したいというときには、クレジットカード払いが利用できると便利です。
修理業者は、水漏れに対応している業者を探しましょう。ただし、全ての業者が洗濯機トラブルに対応しているとは限りません。修理のためには部品が必要ですから、スピーディな解決のためには、洗濯機の蛇口修理に対応しているかどうかを確認してから依頼するとよいです。また、修理を依頼する際には、事前に見積もりを出して貰いましょう。
業者によっても、内容によっても、料金は変わってくるからです。トラブルがあるとすぐに修理して欲しくなりますが、高すぎると後悔することがないよう、事前に見積もりをとり、納得してから修理にかかって貰うようにしましょう。

洗濯機の水道蛇口交換事例

作業前
作業中
作業後
作業前
作業中
作業後

 

洗濯機の蛇口の水漏れ…原因はパッキンの劣化!

蛇口から水漏れが発生するトラブルは珍しくありません。そして発生場所として比較的多いのが洗濯機の蛇口です。いつの間にか水漏れが発生しており、床をびしょびしょに濡らしてしまったというケースも少なくありません。床が濡れた状態ですと洗濯機本体の異常を疑ってしまいがちですが、実は蛇口に問題がある場合も多いですからチェックしてみると良いでしょう。
どのような原因で水漏れが発生するのかというと、原因の一つとしてありがちなのがパッキンの劣化です。パッキンは水漏れを防止するための装置ですが、大事な役割を担っているだけに劣化が激しい部分でもあります。水をせき止める働きがありますので負荷が掛かりやすく、結果的にトラブルを発生させることも多いのです。しかも内部に存在する装置ですので、定期的にチェックをするか、あるいはトラブルが起きてからではないと劣化に気付けないことがあります。それゆえに実際にトラブルが起きてから劣化を発見したというケースもよくあります。
なお、どの程度で機能を果たさなくなってしまうのかというと、大体10年程度でダメになってしまうことが多いです。一度交換してしまえば次の交換時期はしばらく後になりますが、賃貸だったりすると交換がされないままでいることもありますので、入居してからすぐに洗濯機トラブルに見舞われてしまうケースもあるのです。
原因がパッキンにある場合は交換をすれば元通りに使用することができますが、その際には業者に依頼してしまうのが簡単です。水関係のトラブルは下手に直してしまうと、甚大な被害をもたらしてしまうことがありますので、確実な修理のためにもプロに相談をした方が安心と言えるでしょう。
修理の難易度としては難しいものではありませんので、作業時間も短いです。業者に依頼すれば10分~20分程度もあれば完了させることができます。
費用についてですが、業者によってばらつきはあるものの、おおよそ3千円~5千円程度に収まることが多いです。基本的に高額な費用が掛かるようなトラブルではありませんので、このくらいの料金で済むのが一般的と言えるでしょう。
なお業者によっては相場よりも高く料金が掛かることがあります。場合によっては倍程度も請求されることもありますから、事前によく料金についてチェックしておいた方が安心と言えます。まともな業者ならきちんと事前に料金を教えてくれますので、納得ができた上での依頼をした方が良いでしょう。

洗濯機の水道蛇口交換事例

作業前
作業中
作業後
作業前
作業中
作業後

 

洗濯機の蛇口の水漏れ修理料金、おいくら?

洗濯機から水が漏れていると気付いた時、まず自分でどこから水漏れしているのかをチェックしてみましょう。場所によって修理料金は異なってきますので、事前にチェックしておくと安心です。今回は、蛇口部分からの水漏れがあった場合の修理料金について詳しく説明していきます。
まず、洗濯機で起こる水漏れで一番多いのがこの蛇口部分からと言われています。ただし、場所によって異なってきますので詳しく見ていきましょう。
●ハンドル部分
この場所から漏れているようでしたら、パッキンの劣化が原因であることが多いでしょう。修理をした場合、作業料が6千円~8千円程度、出張料金で3千円~5千円、パッキンの交換に千円~3千円程度となります。出張費や作業費は依頼する業者によって異なるでしょう。

●ニップル
ニップルとは蛇口と給水ホースを接続するジョイント部分のことです。ニップル部分を交換することもできますが、再度漏れる可能性がある場合はすべて交換してしまった方が良いと判断されるでしょう。こちらも先程と同じ作業料、出張費用にプラスしてニップル交換で千円~4千円、全て交換するとなるとそれ以外に7千円~2万円程度かかってきてしまいます。

●壁との繋ぎから漏れている場合
経年劣化によって一式交換しなくてはならない場合が多いようです。作業料は8千円~1万3千円、出張費は上記と同様、さらに一式交換で9千円~2万5千円ぐらいかかるかもしれません。

●中央部の繋ぎからの場合
パッキンの交換のみで直すことが出来る為、自分で修理してしまう人も多いようです。また、パッキンではなくナットが緩んでいるだけの可能性もありますので、自分で一度見てみることをおすすめします。業者に頼んだ場合には、作業料が3千円~5千円、出張費が3千円~5千円、パッキン代が千円~2千円程度でしょう。

●ホースの付け根からの場合
原因となるのは、サビや変形、ホースのパッキン劣化が考えられます。どちらに原因があるのか目視で確認するのは簡単ではありません。その為どちらも交換してしまう方が安心でしょう。作業料は3千円~5千円、出張費が3千円~5千円、ニップルと一蛇口交換代で4千円~8千円、給水ホース交換で2千円~4千円程度となります。

洗濯機の異常で一番多い蛇口で水漏れがあった場合には、自分で直せるレベルかどうかを見極めて、無理そうであれば業者に依頼することがおすすめ。状態によっては高くかかってしまうこともあることを頭に入れておきましょう。



※当ページの写真は口コミ投稿者からご提供いただいた写真です。

 

オススメの水道屋さん

  • 住まいる水道

    金メダル

  • グローバルメンテナンス

    銀メダル

  • ラインファミリー

    銅メダル