水回りトラブル豆知識 水漏れ編 | 給湯器の水漏れ修理 | 水道屋さん比較ナビ

水道屋さんの選び方や料金相場などを徹底比較

水道の水漏れ修理など水周りの工事をご検討中の方は
必ず最適な水道屋さんが見つけられます!

比較ナビ源泉の水道屋さん徹底比較

水回りトラブル豆知識 水漏れ編

給湯器が水漏れする原因:経年劣化の修理方法

普段は顔を洗ったり、お風呂に入ったりと給湯器を利用することは多いですが、故障をしてしまうとすごく困ってしまいます。故障でよくあるのが水漏れですが、原因は中の配管やパッキンが劣化していることが多いです。少しの水漏れだからと放っておくと、後で大きなトラブルになるので早めに専門業者に修理をしてもらうといいでしょう。
給湯器の水漏れを放置しておくとどんな危険性があるかというと、炎が近い場所だと不完全燃焼が起きてしまいます。不完全燃焼が起きると一酸化炭素が発生し中毒になる可能性もあります。他にも電気系に漏れた水がかかることで。ショートしてしまい火災の原因になるケースもあります。
給湯器は毎日のように使うものですから、7年~10年くらいで部品が経年劣化してしまいます。パッキンが経年劣化によって部品が破損し水漏れを起こすというわけです。長い期間給湯器を使用しないでいる場合も水が凍結してしまい、内部の部品が破損するケースがあります。その場合は自分で修理をするのは難しいので、速やかに専門業者に依頼するといいでしょう。
まれに給湯器から大量に水漏れをすることもありますが、その場合は慌てずコンセントを抜いて給水バルブを閉めることが大事です。自分で修理を試みる人もいますが、経年劣化による故障個所を自分で修理するのはかなり難しく、余計にひどくなることも良くあります。大きなトラブルを起こすと取り返しがつかなくなるので、やはり多少は費用がかかっても専門業者に依頼する方が安全です。
給湯器は10年くらいが寿命と言われていますが、まだ10年たっていないのに水漏れがしている場合は、部品の交換をした方がいいでしょう。部品の交換くらい自分でできると思う人もいますが、自分で交換をすると余計な箇所まで故障させることもあるので、無理をせずに専門の業者に依頼するといいでしょう。
給湯器の経年劣化による修理の費用は、状態や環境などによって大きく違うので必ず見積もりをだしてもらうことが大事です。忙しい場合は電話で見積もりをだしてくれますが、できれば実際に給湯器を点検してもらい見積もりをだしてもらうことが大事です。
見積もりが極端に安い場合は、後で高額な追加料金がかかる場合があるので、見積もりの時に追加料金が発生するか確認するといいでしょう。料金の安さだけでなくサービスの質や技術などもしっかり口コミや体験談で確認すると後で後悔しなくてすみます。

      

給湯器の水抜き栓からの水漏れは問題なし

自宅に給湯器が設置されていることが一般的ですが、この機器に関しては時には水漏れを起こしてしまうケースがあります。
特に石油やガスなどを利用している給湯器の場合では水漏れによって大きな不安を抱いてしまうことがあります。確認してみた場合では、水抜き栓から漏れている場合もあり、このケースでは大きな問題にならないことが一般的です。水抜き栓を閉め直す方法で修理することができますが、給湯器の場合では他の箇所が原因となっている可能性も否定できないので専門業者に任せることが必要です。
給水管の接合部分から漏れている場合や、内部の部品から漏れてしまっている場合もあります。この状態では正常で安全に使うことができないので、直ぐにでも修理業者を通じて直すことが基本です。給湯器が新しい状態であればパーツ交換を行う方法で簡単に直せる可能性が高くなるので、事前に相談を行うことが必要です。
内部が腐食している場合、既に長期間にわたって使い続けている場合では、パーツ交換の他、給湯器自体を新しく交換することが求められることもあるので、どちらにしても専門業者に依頼をする必要があります。自主的に直すことが非常に難しく、間違った方法で直してしまった場合では、住民の命に関わる問題に発展してしまうことも多いので、必ずプロの技術に頼ることが前提です。基本的に毎日使い続けることのある機器になるので、常に整備点検を行うことも必要です。
給湯器に関してはプロの専門店が存在しているので、どのような場所に頼んだら良いのか判断することができない場合では、インターネットを通じて調べる方法も用意されています。修理実績が豊富で新品の給湯器も取り扱いしているような会社の場合では安心して利用することができます。腐食が進んでいるままで使い続けてしまった場合では、本来の効果を発揮できないどころか、住宅が破損してしまう可能性もあるので、定期的な点検を行うと同時に、水抜き栓以外からの水漏れの場合では、できるだけ早急に対応することも大切です。
インターネットで調べた場合では、簡単に対応している業者を見つけることができるので、便利な方法として利用することができます。
著しく劣化を起こしているような場合や、見た目上としても既に錆が広がっている状態であれば、新品に交換することもおすすめになるので、給湯器の修理から販売、施工までを一貫として行っている業者を利用することで安心できます。

 

給湯器の水漏れ、自分で修理できる?

給湯器の水漏れは少々の知識があればそれほど難しくはないといわれていますが、実際はどうなのでしょうか。家の中の水トラブルでもよくあるのが水漏れ。しかし、トイレや洗面所とは違って給湯器の場合にはガスを使っているので、自信がない人はガス漏れの心配もあるので自分でやるのはおすすめしません。その場合には下手に触って部品を傷つけ破損させてしまったりして、被害を更に大きくしない内に業者に修理を依頼するようにしましょう。
給湯器の水漏れはほとんど接合部のパッキンが原因と思われます。パッキン自体は簡単に交換出来ると思いますが、給湯器は銅管を使用していますから傷つけると大事なのです。水が流れていつところを少し強めにしめると配管が簡単に折れることもありますし、使いだして何年にもなる古い給湯器は余計に銅管が薄くなっていて破損しやすい状態と言えますから、素人はあまり触らないほうがいいでしょう。ネジを緩めるプライヤードライバー、そして固定させるプライヤードライバーが必要です。
ホームセンターなどでも3000円ほどで購入することが出来ますが、どちらも購入するとなると6000円ほどになり、修理業者を呼ぶほうが安くつくことも多いのが事実であると覚えておきましょう。水漏れ業者の修理費の相場は接合部のパッキンの交換くらいであれば5000円程度で、壁をくりぬいて修理する必要がある場合では2万円程度必要になります。もしも自分で修理をしようとして銅管などを破損させた上で失敗すると、壁のくりぬきが必要となってしまいますから費用はどんどん加算されてしまいます。試しにやってみようという姿勢であれば被害が拡大する恐れがありますから、とにかく給水を止めた上でまずは業者に見積もり依頼をするのが良い方法と言えます。
ガス給湯器の寿命はおおよそ10年と言われています。ですから水漏れがあった場合にも使用年数を考えて、直すよりも交換するほうがいい後々のことを考えると安く済むことがあります。ですからまずは水漏れがあれば業者に来て貰って、直すのが良いのか交換するのがいいのかのアドバイスを求めてみましょう。業者は場違いのように思えても実は最適で、給湯器の卸売りも斡旋してくれるほか、お風呂に入浴剤をいれている家庭では配管内の洗浄もしてもらえるのです。このようなメリットからも、自分で直そうとするのではなくて専門の業者を呼んで依頼するほうがおすすめなのです。

給湯器配管交換事例

作業前
作業中
作業完了後
作業前
作業中
作業後

 

水漏れ修理が必要になる前に…給湯器の寿命を知ろう

給湯器はお湯を沸かせられる便利な製品ですが、頻繁に使うため壊れやすい特徴があります。故障をしたときは水漏れが発生しやすく、この問題が起こると直すのにかなり時間がかかります。給湯器に異常があった時は修理を頼みますが、問題が起こる前に対応する方法もあります。
そもそもこの製品が壊れるのは寿命が来ているからで、新品ならば壊れることは殆どないです。給湯器を使っていて問題が起こりやすいならば、買い替えの時期が来ている可能性もあります。この製品は10年から15年位使えるといわれますが、大体10年程度使うと壊れやすくなります。故障がよく起こるようになると修理の費用も高くなりますし、水漏れの被害も大きくなります。給湯器を使う時は予めいつ頃まで利用できるのか、調べてから使えばトラブルが起きません。
基本的に10年程度使うと壊れ始めるので、その時期になったら早めに交換をするのも効果的です。古くなった製品は直すための部品も手に入れづらく、修理をする時の料金も高くなります。更に壊れやすくなってくると頻繁に異常が起こるので、直すための費用も高額になってきます。故障した製品は直してもらって対応することもできますが、予め計画的に交換する対応もできます。
給湯器はかなり高額な商品ですから、交換をする時はある程度負担が発生します。そういうことを計画的にしておけば対応できるので、壊れそうになったら早めに交換した方がいいです。給湯器の修理を頼める所は、交換工事を依頼できる事が多いです。交換工事は今は短時間で終わりますから、お金の準備ができればすぐに取り替えてくれます。
給湯器の水漏れは古い製品だと起こりやすく、漏れてしまった水は水道料金として支払います。この製品の水漏れは案外気づきづらいものなので、多額の水道料金を長期間支払ってしまう事は案外あります。
水漏れの問題は業者に頼んで直しますけど、頻繁に異常が起こる時は交換したほうが良いことも多いです。給湯器の寿命は大体10年ですから、その時期が来た時は早めに交換したほうが負担が軽くすみます。交換をせずに無理に使うと修理費用がかかりやすく、水漏れによるトラブルも被害を発生させます。この製品には寿命がありますから、その時期に近づいたときは早めの対処が必要です。
早めに対応すれば少ない負担で問題の解決ができるので、大きなトラブルになりません。交換をする時の費用はそれなりに高いですが、古い製品を使い続けるよりは安くすみます。



※当ページの写真は口コミ投稿者からご提供いただいた写真です。

 

オススメの水道屋さん

  • 住まいる水道

    金メダル

  • グローバルメンテナンス

    銀メダル

  • ラインファミリー

    銅メダル