水回りトラブル豆知識 水漏れ編 | マンションの水漏れ修理 | 水道屋さん比較ナビ

水道屋さんの選び方や料金相場などを徹底比較

水道の水漏れ修理など水周りの工事をご検討中の方は
必ず最適な水道屋さんが見つけられます!

比較ナビ源泉の水道屋さん徹底比較

水回りトラブル豆知識 水漏れ編

マンションで水漏れ!?考えられる原因と修理方法

マンションなどの集合住宅で水漏れが発生した場合、原因が分からなくて焦ってしまうことが多いようです。水漏れのトラブルが起こった時には修理を依頼するのが基本ですが、その際に自分でもある程度の予測ができるようにどのようなケースが多いのかを学んでおくと便利です。
マンションの場合にはあまりないかもしれませんが、造りによっては屋根や外壁から雨水が侵入して内部に染み込んでしまうことがあります。また給水管の不具合もかなり多く、老朽化によってつなぎ目から水が漏れ出していることもあります。配管関係のトラブルの時には、まずはトラブルとなっている元を修理して、それから配管の清掃や水漏れ箇所の建材の除菌および乾燥を行わなければなりません。いずれにしても自分で行うことはできませんので、きちんと業者に依頼することが大切です。
マンションなどの場合、大家さんや管理会社に電話をして対処をしてもらうことになります。自分でも何とかなりそうだと下手に手を出してしまうと、かえって状況を悪化させてしまう恐れがあります。かかった費用は保険でカバーできることがほとんどですので、まずは連絡を入れてすぐに対処してもらう必要があります。
水漏れが共有部分で起こった場合、これは個人の負担するべき範囲ではありません。管理組合の損害保険などで対処されますので、不具合だけ報告しておけばOKです。専有部分であっても入居時に保険に入ることが義務付けられていますので、その保険でカバーされます。火災保険が必須となっているのが一般的ですが、水漏れも意外と多いトラブルですのできちんとカバーしてくれているかどうかを事前に確認してから契約することも忘れてはいけません。
専門の業者に修理をしてもらったら、そのまま壁を塞いではいけません。まだ乾燥し切っていないのに塞いでしまうとカビが発生して変色したり材用が反って変形することもあります。修理後に決して忘れてはいけないのが除菌と乾燥であり、それらがしっかりと済んでから塞ぐようにします。特に配管の水漏れの場合には注意が必要であり、面倒だからと怠ると後々悪臭に悩まされることになります。
配管のトラブルは築10年を過ぎた頃から徐々に増えだします。ですから、ある程度の年数が経っているのなら、こまめに不具合がないかを確認したいところです。壁・床・天井からの場合には、水分を拭き取って耳をあてて水の音を確認することで漏れる時間帯やタイミングが分かります。
      

マンションで水漏れがあったら、すぐに大家に修理連絡を

賃貸マンションで水漏れが起きてしまったら、入居者は管理会社や大家さんに連絡するのが一般的です。些細なトラブルであれば自分で直接修理会社に連絡して直してもらうこともできますが、今後のトラブルを防ぐためにも管理者に連絡しておいた方がいいでしょう。
なぜなら、水漏れの原因が経年劣化ということもあるからです。この場合は修理費用は管理会社か大家さんが負担することになっています。「部屋を貸している者は、室内設備がしっかり整っている状態にしておかなければならない」からです。水漏れの修理は簡単な作業でも1万円くらいすることもあるので、負担してもらえるならその方がいいです。そもそも経年劣化はこちらのミスではないので、こちらが恐縮する必要はありません。
ただし、賃貸契約によっては注意事項に水漏れ修理の費用は負担しないなど記載されていることもあるので、契約時にしっかりチェックしておいた方がいいです。大家さんによってはそういう入居者に不利になる契約事項はあえて言わずに契約を取ることもあるので細かく確認しておいた方が安心です。
また、大家さんがいる賃貸マンションの場合は特定の水漏れ修理業者と契約して管理していることもあります。別の業者よりも建物内の事情を知っているのでスムーズに直すことができるので、やはり管理者に連絡して対応してもらうのが一番です。
基本的には、部品の劣化など経年劣化による者であれば管理者が費用負担をしてくれます。一方、蛇口を乱暴に扱って壊してしまったような場合は自己負担になるケースが多いです。入居者側の使用方法が誤っている場合は自己負担を覚悟しておいた方がいいでしょう。壊してしまうと後ろめたくてこっそり直してもらおうとするかもしれませんが、もしかしたら経年劣化も関わっている可能性もあるので、この場合も一応連絡してから対応を決めた方がいいでしょう。いずれにせよ必要になる費用は同じです。
トイレの水漏れなどの緊急時の場合は、管理者ではなく直接業者に連絡して直してもらうといいです。その時は業者に原因をチェックしてもらい、書類に書いてもらっておくと後で費用を管理者に請求することが可能です。マンションの場合は下の階の住民に被害が及ぶこともあるので、これを避けるためにも早めに対応してもらうことが大切です。
慌てていると連絡先がわからなくて混乱したり、感情的になってしまうこともあるので事前に漏水時の連絡事項をまとめておくといいでしょう。

 

マンションの水漏れ修理は保険を活用しよう

マンションの水漏れ修理は、火災保険で補償してもらえる可能性があります。火災保険というと火事の時だけの補償と思いがちですが、漏水などの損害でも補償してもらえるケースがあります。全ての水漏れに対応しているわけではありませんが、もしかしたら補償の対象になっているかもしれません。
マンションよくある水漏れトラブルは、トイレを詰まらせて水浸しにしてしまい、下の階の住民に迷惑をかけてしまったというケースです。部屋の壁紙が濡れてしまったり、汚してしまうこともあります。場合によっては家電や家具、衣類などにまで損害を与えてしまうこともあります。
この場合はトイレを詰まらせてしまった部屋の住民が損害補償する必要がありますが、火災保険に加入していれば漏水による修理工材や下の住民への被害は補償してもらうことが可能です。ただし、トイレの詰まりは事故扱いになるので修理の公費は実費負担です。
一方、補償がおりないケースもいくつかあります。まず一つが、経年劣化によるものです。例えば排水管が劣化して接続部にひびが入って水漏れしたケースは、その修理代はもちろん、修理工材や下の階への住民の補償もおりません。経年劣化については「未然に防ぐことができるトラブル」と考えられているので、扱いが異なります。
もう一つが、うっかりミスです。洗濯機のホースが外れかかっているのを承知した状態で洗濯機を回して、途中でホースが抜けて水浸しになってしまった場合は「住人の不注意」という扱いになります。これも補償はおりません。下の階にも影響が出てしまうと補償の費用は実費負担になるので、日頃から注意しておく必要があります。
補償してもらえるかどうかは、保険会社や加入プランによって異なります。マンションに住んでいる場合は水漏れ特約に加入するように勧められることが多いですが、対象外になっていたようなケースでは補償が受けられません。もし被害が起こってしまったらまずは加入している会社に連絡して水漏れや被害状況を詳しく説明して相談してみます。トラブルが起こる前にどこまで補償してくれるのか聞いておけば万が一の時に慌てなくて済みます。
うまく補償を活用すれば、実費負担を軽くして直せる可能性があるのでまずは相談してみましょう。万が一補償がおりなくて下の階の住人にまで被害が及んでしまうとお金の負担も大きいですし、精神的な負担も増えるので日頃から考えておくことが大切です。

マンションの天井から水漏れ!階下も修理補償対象になる?

マンションに住んでいる人の中には、天井からの水漏れで大きな影響を受けたという経験を持つ人がいます。水漏れは突然に大量の水などを排水溝に流しこむ、もしくは配管のトラブルなどにより水漏れが発生し、それが隙間に入り込み、結果として天井からにじみ出てくるような状況になります。階下の人からすればマンションに帰ってきたら床が水浸しになっており、何らかのトラブルをしてしまったかと勘違いするほど、パニックに近いような状況になります。この場合、階の下に住む人が被った損害も修理補償対象となるのか気になる部分です。
マンションにおける水漏れの責任はだれがとるのかということですが、個人の責任が色濃い場合にはその個人が保険に入っている場合であれば一緒に修理や補償をしてくれることになります。部屋の修理だけでなく、水漏れによって被害を受けたものに関しても弁償をしてくれますが、保険の種類によってはすべての損害を補償してくれるわけにはいかず、一部分の補償にとどまる場合があります。賠償責任保険と呼ばれるものは単体では販売されておらず、火災保険などとセットになっていることがあるため、どのような保険に入るのかなどをあまり理解していない人もいます。
一方、マンションなどでは床下に共用部分の配管が通っていることがあり、そこが何らかのトラブルを起こし、結果として水漏れの被害を受けるということもあります。この場合はマンション管理組合が保険に入っていることが考えられるため、泣き寝入りに追い込まれるようなことはまずありません。保険の部分以外でも話し合いなどを通じて別に何らかの対策を講じてくれたり、今までは後回しにされていた部屋の中の不備などを一緒に修理し、その費用を管理組合が持つことがあります。実質的に階の下のエリアに問題が起きたとしても、その対象になることは明らかです。
とはいえ、できるだけ被害を与えないようにするということが大事であり、万が一水のトラブルを起こした場合にはすぐに連絡を入れることが大事です。そうすることで未然に防ぐことができるばかりか、大規模な被害につながらずに済むためです。また、共用部分でこうしたトラブルがあってもすぐに連絡をすることで、被害が拡大せずに済みます。蛇口を閉めても水がポタポタとなって止まらないという些細なことであったとしても、自分で何とかしようとは思わず、まずはその判断をマンション管理組合に託すことが大事です。



※当ページの写真は口コミ投稿者からご提供いただいた写真です。

 

オススメの水道屋さん

  • 住まいる水道

    金メダル

  • グローバルメンテナンス

    銀メダル

  • ラインファミリー

    銅メダル