水回りトラブル豆知識 水漏れ編 | 水漏れの修理方法 | 水道屋さん比較ナビ

水道屋さんの選び方や料金相場などを徹底比較

水道の水漏れ修理など水周りの工事をご検討中の方は
必ず最適な水道屋さんが見つけられます!

比較ナビ源泉の水道屋さん徹底比較

水回りトラブル豆知識 水漏れ編

自分でできる!水道蛇口の水漏れの直し方

普段自宅で何気なく使用している水道の蛇口ですが、水漏れのトラブルに遭遇したことはないでしょうか。ハンドルを捻るだけで水が出てくる便利なものですがハンドルや根元、蛇口から水がポタポタと漏れ出してくるものでハンドルをしっかり元に戻しても直りません。もし自宅の水道で水漏れが起きたらどうしたら良いのでしょう。
水漏れトラブルに自分で対応するにはまず蛇口の種類を知ることが重要です。一般家庭で使用している蛇口には様々な種類があり、使用している部品や修理するのに必要な道具も異なります。例えば、一般的な水道蛇口は消耗品である「コマ」や「パッキン」が劣化することで水漏れが発生します。止水栓をしっかりと閉めた上でこれらを交換することが専らな直し方となります。
なお、キッチンで多く導入されているのが「シングルレバー混合水栓」です。レバーを捻る方向でお湯と水を使い分け、量も調整することができる便利なものですが、この水道の内部にはバルブカートリッジという部品が入っており、水漏れの原因の大半はこのバルブカートリッジが劣化などにより故障したことであるとされています。バルブカートリッジ自体はホームセンターにも販売されているもので直し方も単純ですがメーカーや型式によって細かく分かれており適合するものでなければかえって悪化してしまいます。
また、お湯と水それぞれのハンドルが付いた「2ハンドル混合水栓」もあります。シングルレバー混合水栓と比べてパッキンなどの負担が大きいとされており、消耗品の交換サイクルも短いとされています。
ちなみに、これらの部品を交換するには専門的な道具が必要になります。主に挙げられるのが「ウォーターポンププライヤー」や「水栓取外しレンチ」などです。場合によっては「水栓修理レンチ」も必要になります。ホームセンターなどでも購入可能な工具ですが水道修理用の工具であり、用途は限られています。
上記の通り、水道の形状などから適切な部品などを購入して交換することになりますが全くの初心者がこれらの修理を行うのは不安を感じることでしょう。見た目は問題なく修理できたように見えても内部が悪化したり、漏れ出す量が多くなることもあるでしょう。漏れ出す量が少量であればシールテープなどで応急処置を施した上で専門業者に修理を依頼するのが適切です。水道管が破裂したように大量に漏れ出しているのであれば止水栓を閉めて修理を待つと良いでしょう。
      

水道蛇口から水漏れ…安く済ませる直し方

水道蛇口から水漏れをした場合、早めに対処をすることが必要になります。業者に依頼をしたいけど、できるなら安くすませたいと考えている方も多いのではないでしょうか。そこで、水道蛇口の水漏れを安く済ませる直し方について教えます。まず、水道蛇口から水漏れをした原因について知る必要があります。
多くの水漏れの原因は、パッキン交換で解決する場合があります。安く済ませる直し方として、自分で修理をする方法があります。パッキンを交換して水漏れを直すことができる場合もありますので、ホームセンターで道具を購入してパッキンを交換することによって費用を安く抑えることができます。交換用の道具は専門の業者でなければ取り扱いをしていないと考えている方も多いのではないでしょうか。交換に必要となるコマパッキンや水栓ケレップは比較的にリーズナブルな値段で購入することが可能です。
パッキンの交換方法はインターネットなどで手順が紹介されていますので、参考にすることで初心者の方でも交換をすることが可能です。パッキンが原因の比較的に簡単に対処ができる場合には、自分で修理をする方法があります。しかし、パッキン以外にも原因となる症状があります。年代が古くなっているタイプのものは、蛇口そのものを交換する必要がありますので自分で修理をすることは難しいです。業者の方とよく話し合いをしてから、決めるようにしましょう。自分で修理ができない状況の場合には、信頼のできる業者に依頼をすることが大切です。知識がないまま無理に直そうとしてしまいますと、状態を悪化させてしまう危険性があります。
業者に依頼をする場合には、まずは見積もりを依頼しましょう。事前に値段を把握しておくことによって不測のトラブルを防ぐことができます。後から料金を支払うことになった場合に、出張料などの手数料が加算される場合もありますので予想以上にお金がかかってしまう場合があります。納得ができる値段で修理してもらうことが一番安心です。
費用を抑えたいと考えている場合には、自分で道具を揃えて修理をすることがお得です。しかし、中には自分で修理が不可能な状況もありますので業者に依頼をして適切に対処するようにしましょう。水のトラブルがありますと不安になってしまう方も多いのではないでしょうか。損をしない方法を選択して、見極めることがポイントとなります。落ち着いて対処をするためにも、原因をしっかり見極めましょう。

 

水漏れした水道蛇口をテープでふさぐ直し方

洗濯機の給水道の蛇口の根元部分から水が伝い落ちている、そんな水漏れには便利なシールテープというものがあります。
本来、水道蛇口の修理は、素人が行うことは避けた方がいいでしょう。しかし水漏れに気づいたのが夜間であったり、もともとDIYに興味があり、簡単な修理であれば自分で行ってみたいという人には、シールテープでの直し方をマスターしておくことが有効です。
このアイテムは、プロでも使う配管工事には欠かせないものです。ホームセンターなどで手に入れることが出来、特別なアイテムではなく、水道以外の配管工事でも広く使われています。これを使うのは、配管同士をつなぎ合わせるときです。水道蛇口であれば、壁の中の給水管との接続をするときに使用します。
それでは具体的な直し方を見ていきましょう。
まずは、修理に入る前に水道の元栓を止めなくてはなりません。メーターの横にあるバルブを閉めて、水を元から止めてしまうようにしましょう。
次に蛇口を外していきます。一般的なねじ回しと同じ要領で、左回りに回していきます。外した後、ねじ部分を見てみると白いテープが見える事でしょう。これが水漏れを防ぐ大切なものです。これが劣化してくることによって、水漏れを起こすことが多いのです。
巻きなおすことで、接合部分にできてしまうわずかな隙間を埋めることが出来、水漏れを直すことが出来ます。
シールテープはつなぎ目のねじに直接巻き付けます。巻き付ける方向は、ねじ込む向きと同じになるようにしますが、基本的には時計回りとなります。ポイントは、初めはねじの一山を残すというところです。ギリギリから巻いてしまうと、配管内に異物が混入したりする原因にもなるため気を付けましょう。
だいたい6~7回、少し引っ張り気味にしながら丁寧に巻いていきます。すべて巻き終わったら軽く指で押さえ、ねじと馴染ませます。このひと手間で、直し方に差が出るので必ず行いましょう。
ここまで出来たら、あとは壁の中の雌ねじに、雄ねじである蛇口をねじ込んで元に戻すだけです。まっすぐねじが回るように気を付け、最後は蛇口が正面を向くように調節するといいでしょう。
この直し方は、あくまで応急処置的なものです。しばらく様子を見て、大丈夫なようならそのまま使用してみるといいでしょう。もし不安があったり、再度水が漏るようになったといった場合には、なるべく早く水道業者に見てもらうようにしましょう。

 

水漏れの直し方SOS!水道蛇口の点検方法メモ

水道蛇口の水漏れは、本当に困りますよね。洗濯機を回しっぱなしで出かけて帰ってきたら、部屋が水浸しとなっていたりしたら、嫌になってしまいます。水浸しまでになると、下の階まで漏水してしまうかもしれません。漏水の原因を作ってしまったとなると、部屋の中のものに対する保障、建物の床にカビが生えたりしてしまったら、張り替え工事も必要になり、高額な修理費を要求されてしまうことになります。水浸しになる前に、そもそも原因があることもよくあります。
隙間から水が漏れていたりしませんか。そんな状態になっていたら、すぐにでも修理を施工業者にお願いしなければなりません。そこまでいかなくても、古くなっていたり、または水漏れの不安があるのであれば、点検をお願いしてみるのも良いでしょう。水道の蛇口からの漏れが起きる前にしっかり点検しておくことで、水漏れの確率を大きく下げることができます。水道の蛇口を点検することで、水漏れのリスクがあるかどうかを確認することができます。リスクが判明した場合、漏れないようにどのように対処するか、施工業者と施工主は打ち合わせて工事を実施することになります。水道の蛇口の漏れのリスクが高い時には、直し方として、部品を交換することが多くあります。
なぜ交換するかというと、漏れそうな状況である場合には、すでに部品が老朽化していることが多いためです。部品が老朽化すると、ひびが入ったりします。そのひびの部分から漏れが発生したりするのです。交換せずにすむ直し方もあります。隙間を埋めたりする方法もあります。しかし、直し方は時と場合によりますが、できるだけ、部品交換という方法をとるべきでしょう。埋めたりするような修理方法ですと、確かに部品代はかかりませんが、またしばらくしてすぐに修理した箇所から漏れてしまうかもしれません。
また、施工業者は信頼できる所にお願いしたほうがいいです。施工実績が多いと、それだけノウハウの蓄積があり、原因の究明も正確でかつ、実際の工事も的確に実施してくれます。水道の蛇口は水圧が高いので、しっかり取り付けられていないと、漏れてしまったり、時には外れてしまったりすることもあります。そのようなことになる前に、実績のある信頼できる施工業者に点検をまずはお願いしてはいかがでしょうか。事故が起きてしまってからは、対応が本当に大変になってしまいます。事前の防止措置という意味でもおすすめします。



※当ページの写真は口コミ投稿者からご提供いただいた写真です。

 

オススメの水道屋さん

  • 住まいる水道

    金メダル

  • グローバルメンテナンス

    銀メダル

  • ラインファミリー

    銅メダル