水回りトラブル豆知識 水漏れ編 | 水道水漏れの修理料金に関して | 水道屋さん比較ナビ

水道屋さんの選び方や料金相場などを徹底比較

水道の水漏れ修理など水周りの工事をご検討中の方は
必ず最適な水道屋さんが見つけられます!

比較ナビ源泉の水道屋さん徹底比較

水回りトラブル豆知識 水漏れ編

アパートの水道の水漏れ料金は一般的に大家が立て替え

アパートやマンションなどの賃貸住宅で、水道や水回りの破損・故障による水漏れが起こった場合、その修理料金は借りている側が負担しなければならないのでしょうか。
民法では、「賃貸人は、賃貸物の使用・収益に必要な修繕をする義務がある」と定められています(606条)。大家(賃貸人)は家賃を受け取っているわけですから、基本的にはアパート(賃貸物)をいつでも快適に利用できる状態にしておかなければならないわけです。
そして水道もアパートの一部であり、水漏れが起こったということはその義務を怠っていたという事になるので、大家側に修理料金を立て替える義務があると考えることができます。また、水漏れが原因で余計に払うことになった水道代についても、立て替えてもらうことができます。
ただし、この考え方が適用されるのは、入居時に既に破損・故障していたり、腐食や摩耗など経年劣化が原因となるケースの場合で、借りている側が適切な管理を怠ったり(水道管の凍結による破裂など)、無理な使い方をした等の理由で壊してしまった場合は、借りている側に修理をする(修理料金を支払う)義務が生じます。また、蛇口やパッキンの取り換えといった、消耗品の取り換えなどの小規模の修繕も、基本的に借りている側が行う義務があると考えられています。
賃貸契約によっては、修理料金についてどちらが支払うか明確に決められていることもあるので、契約内容はよく確認しておきましょう。
実際に水漏れが起こった場合は、急を要する状態でなければ、まず大家に連絡・相談しましょう。
連絡なしに勝手に修理・修繕をしたりすると基本的に借りている側が費用を負担することになりますし、修理に立ち会ってもらうことで、どちらが料金の支払いをする義務があるか明確にしやすくなります。
また、アパートやマンションの場合、特定の業者が水道や水回りを管理している場合があり、その業者に依頼すれば他の業者よりもスムーズに修理が完了することが多いという理由もあります。
急を要する修理の場合は、業者に頼んで水漏れの原因を書類にしてもらい、領収書とともに保管しておくといいでしょう。
もしも、大家に支払いの義務があるにもかかわらず支払いを拒否されている場合、家賃から相殺(次に支払う家賃から費用を差し引いて支払う)するという方法もあります。この場合は、あらかじめ正式な書面で、内容証明郵便で請求するなど、正式な手続きを踏んでおく必要があります。


水道の水漏れに困ったらまず無料の電話相談を利用しよう

水道の水漏れはそのまま放置しておくと、たとえば水道料金の高額化や室内の濡れ、更に階下の部屋に水が漏れると言ったトラブルに発展する恐れもあります。そのため水道の水漏れは、それが見つかった時点で対処することが必要です。この場合、最も望ましいのは、その時点で無料の電話相談を利用すると言う方法です。
そのメリットですが、ひとつは相談をすることで見るべき点、あるいは対処できる点がわかるかもしれないと言うことが挙げられます。相談することでプロのアドバイスを聞くことができると言うのは、とても心強いことです。ちなみに水道から水漏れがあった場合、水道栓そのものを止めるのが、とりあえずの応急処置だと言われています。
ただ水道栓と言われても何のことやら、それがどこにあるのかわからないと言う人も多いかもしれません。相談した場合、その存在についてや、その位置についてもしっかりとアドバイスがなされるので、わかりやすく応急処置を行うことができます。それからその上で本格的な修理が必要になった灯場合は、そのままその依頼ができると言うのも、電話で相談することのメリットです。電話相談自体は、ほとんどの業者は24時間、受け付けています。ですから時間を気にせず、修理の依頼をそのまま済ませてしまうことができると言うのは、水道の水漏れを解消するためにはとても重要です。そしてその際に、修理に必要な料金なども問い合わせることができるのもメリットです。
本格的に修理をするとなると、そこに発生する料金は千差万別です。一方で無料相談であれば費用は発生しないわけですから、料金について、あるいは修理内容などで気になる点があれば、この際に聞いておくと安心です。無料の電話相談に関しては、インターネットなどでその業者を検索することができます。ただ実際に水漏れが発生すると、気が動転してしまって冷静に調べることができない、あるいはその時間すら惜しいと言うことも考えられます。そのため、事前に業者を調べておき、連絡先をどこかにメモしておくと安心です。
そして実際に相談する際には、どの程度の水漏れなのか、また水道は利用してどれくらいなのかと言ったことが聞かれやすいので、その点も答えられるようにしておくと、よりスムーズに話が進みます。あれやこれやと自分でやろうとして、結果、状況が悪化するのを防ぐためにも、まずはお金のかからない相談窓口を利用すると言うのは、是非とも頭に入れておくべき点です。

 

水道の水漏れ修理料金の見積もり表の見方

水道の水漏れ修理を依頼する前には、見積もりにより料金を確認する必要があります。水道の水漏れと言っても、パッキングの交換から水栓の取替えが必要な場合まで、様々なケースが考えられます。水栓も高性能高価格のものから、最低限の機能しか持たないものまで様々です。
水道の水漏れに関する見積もり表には、必ず合計の料金が書かれています。良心的な業者の場合は、さらに細かな明細が書かれるのが一般的です。明細は、基本料金、出張料、工賃又は作業料、材料費に分かれます。それ以外の項目が追加される場合もありますが、どれかの項目に割り振ることができます。
基本料金は依頼する業者によって異なります。注文に応じた場合の最低限の経費と考えられる料金です。出張料は、一般に管轄するエリア内は低額で、そこから離れるにしたがって高額になります。交通費と人件費分の金額が計上されます。離島や山間部などの、移動に時間がかかる場合以外は、それほど高額にはなりません。
工賃又は作業料は、人件費の技術的な部分です。水道の水漏れを修理するには、一定の技術的スキルが必要です。そのスキルに値する金額が、工賃又は作業料になります。工賃又は作業料は一律の基準はありませんが、通常の技術者の労働時間に対する報酬と考えられるので、非常識な金額にはならないはずです。
材料費は、使用する材料の定価が記載されます。該当する商品の定価を調べるには、インターネットによりほとんどわかります。問題は、当該材料が本当に必要かどうかです。特に水栓機器は、該当する製品の種類が多く、どれを選ぶかにより、金額にかなりの差が出ます。もし、価格が高いと感じたら、機種の種類を見直すことが必要です。
水栓には、シングル栓と混合栓があります。混合栓はさらに、2ハンドルとシングルレバーがあります。一般に水栓機器は、使いやすくなるほど高額になります。水栓の交換は、従前と同じ種類の機器と交換しなければならないと言う決まりはありません。価格が高いと感じたら、必要最低限の性能の機種を選ぶのも方法の一つです。
水道の水漏れ修理には、定価はありません。業者は価格を自由に決めることができます。価格を安く抑えるためには、複数の業者から見積もりを取る必要があります。価格を比較するには、修理の内容や交換する機種の種類をそろえる必要があります。条件が異なれば、価格を比較しても意味がありません。業者により内訳が多少違っても、合計の金額を比較することにより、どちらが安いかを判別できます。

水道蛇口交換事例

作業前
作業中
作業完了後
作業前
作業中
作業後

 

 

水道水漏れによる部品交換にかかる料金

水道を利用していると、場合によっては水漏れなどを起こしたりして修理を行う必要があります。その際には、簡単なものから複雑なものまであり、かかる費用もそれぞれで違います。水道の水漏れの多くは、パッキンの劣化です。水道はハンドルをひねることにより、水を出したり止めたりするものであり、この水の出を調整するものがコマパッキンです。コマパッキンが劣化するとうまく水を止めることができなくなるので、蛇口からポタポタと漏れてくるようになります。また、似たようなものに△パッキンというものがあり、ハンドル下のナットから漏れないようにしているパッキンもあります。これも劣化することにより、ハンドル下から漏れてくるようになります。
パッキンが劣化するとそのままにしていても水漏れは止まらないので、修理する必要があります。その際には、部品交換すればいいですが、部品だけでの料金だけでなく工賃もかかるので注意しましょう。パッキンの交換修理料金は、5000円前後のところが多いです。業者によってはそこに出張費用などもかかるので、確認しておきましょう。水栓自体が古い場合には、水栓本体の交換も必要になります。その際には基本料金で10000円から20000円に、水栓本体の価格が相場になります。水栓本体の料金は15000円位からで、様々な種類のものがあるのでよく考えて選ぶことも大切です。
水道修理を行うことは、現地で直接見てみないとはっきりしたことはわかりません。パッキンを替えるだけでいいと思っていても、実際には水栓を新しくしないとダメな場合など、思っていたものよりも状態が悪いことも多くあります。その際、トラブルにならないためにも業者に来てもらう前に料金形態を確認しておきましょう。費用は出張費などを含めた総額を提示してもらうようにして、作業前に最終見積りの提示をしてもらえるのかも確認することです。また、現場見積りで断った場合、請求費用などが発生するのかもきちんと確認しておきたいものです。このように事前に確認をしておくことで、余計なトラブルを少なくすることができるので、必ず行いましょう。
水道は毎日使うものであるので、安心して使用できることが重要です。水漏れが起こっている箇所も蛇口以外にもあるk脳性もあるので、違和感を感じたら調べてもらうことも大事です。早めに修理を行うことで、被害を少なくすることができるので、日ごろからよく観察することも大切です。



※当ページの写真は口コミ投稿者からご提供いただいた写真です。

 

オススメの水道屋さん

  • 住まいる水道

    金メダル

  • グローバルメンテナンス

    銀メダル

  • ラインファミリー

    銅メダル