水回りトラブル豆知識 トイレ編 | トイレ止水栓の水漏れ修理 | 水道屋さん比較ナビ

水道屋さんの選び方や料金相場などを徹底比較

水道の水漏れ修理など水周りの工事をご検討中の方は
必ず最適な水道屋さんが見つけられます!

比較ナビ源泉の水道屋さん徹底比較

水回りトラブル豆知識 トイレ編

トイレの止水栓が水漏れしたらどうする?

トイレの止水栓が原因で、水漏れが起こる場合があります。この場合は、速やかに業者に依頼しましょう。自分で修理することは不可能です。ただし、止水栓の栓を閉じれば、水漏れはしなくなる場合があります。マイナスのドライバーを使えば、栓は簡単に閉じることができます。
止水栓が水漏れの原因になるのは、長年使ったことからくる劣化のことが多いです。特にパッキンが劣化しています。栓が劣化していたら、それを丸ごと交換することになります。交換自体は難しいことではありません。専門の業者だったら、概ね1時間以内で終わらせることができます。
交換にかかる費用は、業者ごとにかなり異なっています。新品の止水栓の値段は、1万円前後です。この価格に、出張費や工賃がプラスされます。出張費は3000円前後のことが多く、都市部だったら、さらに高くなります。家の近くで営業している業者だったら、それを請求しないこともあります。他には、工賃が必要になります。工賃も業者ごとに異なっています。それが1万円以上のことがあります。
この種の修理を依頼する時は、必ず見積もりを取ってもらいましょう。複数の業者から見積もりを取って、安いところを選びます。時間がない場合は、ネットで相場を調べてから依頼しましょう。
止水栓は、接続管により給水管やトイレタンクにつながっています。その部分が劣化して、水漏れが起きる場合もあります。その場合も、止水栓をドライバーで閉じます。その後に、業者に連絡して、自宅に来てもらいます。接続管が壊れていたり、劣化していたら、その部分を交換することになります。問題のある部分が多かったら、交換には時間がかかりますし、費用も高くなります。費用は交換する部品の価格と、工賃になります。接続管などの値段は、1万円前後のことが多いです。工賃は1万円以上ことが多くて、業者ごとに異なっています。上記に書いたように出張費も必要になります。止水栓も劣化していることが多いので、ついでに交換ことになります。
トイレの修理を請け負う業者の数は多いので、自分の家に合ったところを探すようにしましょう。ホームページに費用を明記しているところだったら、安心して依頼できます。依頼するところを決めたら、見積もりを出してもらいます。これはおおまかなものでも構いません。見積もりがあれば、安心して依頼できます。急いでいる時は、いつでも対応してくれる業者を選びましょう。

トイレ給水管交換事例

作業前
作業中
作業後
作業前
作業後
作業後
      

止水栓の水漏れ原因no.1はパッキンの経年劣化

ご家庭で必ずあるのが蛇口や水栓だと思います。例に出すと、トイレやキッチン、風呂場など家の中でもいろいろ有りますし、庭や駐車場がある家ならそこにも有ります。
蛇口や水栓を使わない日は基本的にないと思いますので、いつ、水漏れがおこったとしてもおかしくありません。原因もいろいろありますが、その中でもダントツで多いのがパッキンの経年劣化だといえます。経験したことがない方はどういったものが水漏れかわからないと思いますので、例を示しますと、蛇口のハンドルとかレバーから、水がポタポタでているとか、風呂場の場合シャワーホースから水がチョロチョロ流れている、洗面台からいつの間にか水がゆっくりと流れ出ているなどです。
こういうのがあったときに、止水栓の経年劣化による水漏れが原因かもと感じると思います。
でも、こういうときによく素人が何とかネットなどでしらべて ご自身でとめようと思うのですが、それはやめたほうが無難です。他にも原因があるかもしれませんし、やり方も知らずに行ったために、水漏れが拡大してしまい、業者がついたときには水浸しになってしまったということもありえます。
まずはどんなに水が出ていたとしても、まずは冷静になることです。それから専門業者に連絡するようにします。そのときにどういった状況であるかを説明して、到着するまでの間に何をしておけばいいのかアドバイスを聞いておくだけでも違います。 原因がなにかはっきりとわかれば、どんな対処が最も適切かを教えてもらい、応急処置をしておくと良いでしょう。
絶対に自分で直すんだと思わないことが大切です。止水栓は簡単に解決しません。ネットなどでは自ら簡単に直せるみたいな感じで記載しているものもありますが、他にも経年劣化があるかもしれませんし、止水栓のパッキンの劣化が今回は原因であったとしても、実は違うところにも原因としてでてくることもありますので、素人にはわかりません。
単純にパッキンの交換だけで解決するのではなく、プロによる経験とその技術で判断してもらうのが一番良いといえます。
自分で修理をしてその結果、余計に悪くなったということも良く有ります。そうなるとさらに費用がかかってしまいますので、すべて業者に任せるほうが良いのです。
少しでもおかしいなと感じたとき、いつもとは違う違和感があったときは、一度業者に来てもらって調べてもらうと良いでしょう。そうすれば安心して生活することができます。

 

水漏れした止水栓の交換費用

トイレの止水栓が壊れたり、劣化して水漏れが起こる場合があります。その場合は、止水栓を交換することで、素早く水漏れを止めることができます。止水栓の交換費用は、1万円から1万5000円程度です。この金額の中に、新しい止水栓の代金と、出張費が含まれています。出張費は2000円から4000円程度のことがあります。自分の家の近くの業者だったら、出張費は無料になることがあります。
このトラブルは、難しいことが多く、自分で修理をすることはできません。できるだけ早く業者を呼んだ方が良いでしょう。パッキンが劣化して、トラブルが起こることが多いです。水を止めることだけは自分でできます。マイナスのドライバーを使って、栓を閉じます。この作業をすれば、水は必ず止まります。
業者によって料金の体系が異なっています。交換の費用と新しい止水栓の費用を別々にする業者がいます。この場合は、全体のお金が高くなることが多いです。出張費を除く、全ての料金をまとめて請求する業者もいます。その場合は、全ての料金が安くなります。安くなる割合は、業者によって異なっていますが、20%から30%程度のことが多いです。
止水栓は、自分のトイレに合ったものを使わなければなりません。まれに業者がそれを持っていない場合もあります。その場合は修理に時間のかかることがあるので、注意しましょう。
交換の際は、工賃を取られることがあります。その費用は、業者ごとに異なっており、一般の人には分かりにくいことがあります。工賃が1万円以上になることがあります。取り換えにかかる時間は、1時間程度なので、工賃を高く感じることもあります。トイレが壊れた場合はすぐに修理した方が良いので、焦りを感じますが、不明瞭な会計の業者だったら、後で後悔することがあります。現在はネットを使えば、相場を簡単に調べられます。自分の住んでいる地域の相場をネットでチェックしてから、業者に依頼しましょう。
いろいろな業者がいますが、水道局指定の業者が一番確実です。この種の業者は、水道局から水回りの工事を任せられると言う認定を貰っています。そのために総額のお金が法外なものになることは、ほとんどありません。
ただし、急ぐ場合もあるでしょう。そんな時は、24時間対応の業者を探しましょう。そのような業者だったら、すぐに家に来て修理を始めてくれます。高い場合もありますが、料金をあらかじめ聞いておけば、安心です。

万が一に備える!止水栓の水漏れ修理に必要な工具

トイレを使用する際に水がポタポタとこぼれてきた、という経験はありませんか。それは、実は止水栓という部分から水漏れしていることが原因かもしれません。一向に水が止まる気配も無ければ不安になることでしょう。そんな万が一の場合、修理をするにはどのような工具が必要なのでしょうか。
そもそも止水栓とは、トイレが詰まった際や水漏れの際にこの部分をしめることで給水を止める働きをするものです。この止水栓には、大きく3つのタイプがあり、タイプによって使う工具も異なるため、自宅のトイレを確認しておきましょう。その1つはマイナス溝というもので、最も使われていることが多いタイプです。マイナス溝の場合、先端が突起のような形状をしているため、マイナスドライバーを使います。右に回すと閉まり、左に回すと開けることができます。2つ目はハンドルタイプのものです。
ハンドルタイプのものは三角の形をしており、水道の蛇口で見たことがある人も多いのではないでしょうか。このタイプのものは水道の蛇口と同じ仕組みになっているので、工具を用意する必要はありません。蛇口を回す感覚で手で簡単にしめることができます。そして3つ目は突起がないタイプです。見た目は凹んでいるので、どこをしめるのか、と思ってしまいがちですが、マイナス溝と同じくマイナスドライバーを使います。凹んでいる部分にマイナスドライバーを差し込んでしめていきましょう。
以上のことから止水栓には3つのタイプがあることがわかりました。どのタイプのものでも、マイナスドライバーを用意しておくと安心です。栓が緩んでいるだけならマイナスドライバーでしめると直りますが、水漏れにはパッキンの劣化が原因になっていることがあります。止水栓の中には三角パッキンというものが取り付けられており、さらにその中にスピンドルという金属部品が取り付けられています。そしてコマパッキンというものも構成の一部であり、合わせて2種類パッキンの劣化を確かめなければいけません。
パッキンが劣化する目安としては約10年なので、年数が経ってきたと感じたら注意してください。パッキンが劣化しているかどうかは黒いゴムの部分を触って調べます。触ったときに手が黒くなれば、劣化している証拠です。このようにパッキンの劣化が原因となる水漏れは、止水栓をしめるだけではいけません。ナットという部分を取り外して交換する必要があるため、ウォーターポンププライヤーという工具を用意しておきましょう。しかし自宅で細かい部品を扱うと失敗する危険性もあります。
部品の取り付けを間違えばさらに悪化することにもつながりかねません。応急処置をすることは大切ですが、やはり業者に依頼するのが安心でしょう。



※当ページの写真は口コミ投稿者からご提供いただいた写真です。

 

オススメの水道屋さん

  • 住まいる水道

    金メダル

  • グローバルメンテナンス

    銀メダル

  • ラインファミリー

    銅メダル