水回りトラブル豆知識 トイレ編 | 水栓トイレの水漏れ修理 | 水道屋さん比較ナビ

水道屋さんの選び方や料金相場などを徹底比較

水道の水漏れ修理など水周りの工事をご検討中の方は
必ず最適な水道屋さんが見つけられます!

比較ナビ源泉の水道屋さん徹底比較

水回りトラブル豆知識 トイレ編

水洗トイレのウォシュレットから水漏れはパイプ接続部のパッキン交換で解決

水洗トイレのウォシュレットからの水漏れは、ノズル・操作パネル裏のホースのつなぎ目などから水漏れが起こることが多いです。
ほとんどが経年劣化によるものなので、パイプ接続部のパッキン交換で解決することが多いです。 しかし最初に水洗トイレのどこから水が漏れているかを特定する必要があります。
一番多いのはノズル本体からの水漏れです。 水洗トイレのノズルは、水を出す時も水を止めるときも、バブルユニットという部品が関係しています。 つまりそれだけ劣化しやすいということになります。 バブルユニットの交換をしてあげることによって解決につながります。 バブルユニットの中に接続されているダイヤフラムパッキンが水垢などによって詰まっている可能性もあるので、掃除をすれば直るときもありますが、バブルユニットの交換が一番確実で再発の防止にもつながってくるのでおすすめです。 バブルユニットはメーカーはホームセンターで直接買うことができない可能性があるので、個人での修理は推奨されていないことが多いです。
温水タンクからの水漏れの場合ですが、温水タンクは常に水を溜めています。 水道圧をかけることによってお湯が出る仕組みです。 タンクから水が漏れている場合には、タンクの上部のフタのパッキンが劣化している可能性があるので、メーカーに問い合わせて型番を伝えて、新しいものに交換するようにしましょう。
操作パネル付近から実が漏れている場合は、給水ホースなど簡単な部分の交換程度であれば問題ないのでしが、電磁系などが故障している場合は交換することをおすすめします。 どこから水が漏れているかを確認してから、すばやくメーカーに連絡するようにしましょう。 ウォシュレットは自分で修理するより、全部を交換してあげるやり方もおすすめです。 何故なら消耗品の交換をしてその度に直していっても、次にほかの部品がいつ調子が悪くなるかわからないからです。 その度にコツコツと修理をしていると、最終的に金額が高くなってしまう可能性があるので注意しましょう。 ウォシュレットで水が漏れている場合、内部的な問題の場合はウォシュレットごと交換するようにしましょう。
パッキンなどの部品で済む場合は、メーカーに問い合わせて新しいものを交換することで直ることがほとんどです。 いまや生活に欠かせないものとなっていることが多いため、水が漏れているのはどこかを特定し、それにあった方法で早めに対応するようにしましょう。
      

水洗トイレの水漏れパーツ別の特徴:配管の場合

水洗トイレの水漏れトラブルは、トイレ内のさまざまな部分で発生することがあります。目に見えて水が滴り始めたり水たまりができているようであれば、どの部分が原因なのかを一目で確認することができますが、場合によっては全く気が付かずに水漏れが発生していることもあります。最初は少量であっても徐々に量が増えてしまうこともあり、最終的には噴き出して大変なトラブルとなることもあります。
水漏れの可能性を感じ始めたら、できるだけ早く業者に連絡をしてみてもらうといいでしょう。水道代がなんだか高くなった気がするという場合、家の中や地中に埋まっている配管のどこかで水が漏れている可能性があります。家の中であれば、少量でも漏水によって家の木を腐食させてしまうことになります。集合住宅になると、床下にまで水がまわれば電気の配線にも影響を与えることになり、下の階に住んでいる家の天井にまでシミをつけてしまったり、天井から水がしたたってくるという状態になる可能性もあります。また、地中であれば土に水が吸収されるものの、水道代は24時間かかり続けていることになるので、とてももったいないことになります。配管のトラブルは、水洗トイレからなのか、それとも別の場所が原因となっているのかなど場所が分からない時でも、漏水調査として依頼することもできます。
水洗トイレの水漏れトラブルは、見える部分でも壁や床下、地面の中であっても、どのような部分から漏れているのかによって修理の方法が違ってきます。配管をつなぎ合わせている部分には、水が漏れ出さないようにゴムのパッキンが入っていることになります。ゴムは、年数とともに経年劣化をするので、使っていないとしても定期的な交換が必要になってきます。ゴムは古くなると硬化する消耗品でもあり、材料費はリーズナブルなので修理に頼んでも少ない負担で済みます。
また、そもそもの配管の老朽化が原因でひび割れや腐食が発生し、水が漏れるという場合もあります。他にも、大きな地震があったり、強い打撃など外から力が加わった時にも管ごとの取り換えが必要となってきます。新しいものに交換をすれば、水漏れというトラブルが解消できるだけでなく水の通りも良くなるというメリットがあります。管の中を見ることはありませんが、意外と汚れやゴミが付着しており、それによって流れにくくなっているのです。流れがスムーズになったり、さらにはきれいな水が流れることになるので、便器内の水垢防止にも役立てることができます。

水栓トイレ水漏れ修理事例

作業前
作業中
作業完了後
作業前
作業中
作業後

 

水洗トイレの水漏れパーツ別の特徴:便器内・タンク内の場合

トイレは住宅設備の中でも水漏れやトイレ詰まりなどのトラブルが起こりやすい、トラブルが起きてしまうとトイレを利用出来なくなるなどのリスクがあります。 トイレの利用が出来なくなると、生活に支障を来す事になりますし、トラブルが起きてもすぐに修理をお願い出来る業者が見つからない時など、状況は益々深刻なものになってしまいます。
水洗トイレが普及した事で、従来のトイレには起こりえない水漏れやトラブルが起きやすくなりますが、水洗トイレのトラブルはタンク内の場合と便器内の場合の2つがあり、それぞれの原因に応じて対応の仕方などが変わります。 タンク内の場合には、浮き球の故障によりタンクへの給水がストップしなくなり、フロート管から水が便器内に流れ込むケースがあります。
この場合は、一旦止水栓と呼ぶ水洗トイレの給水をストップする栓を閉じてからタンクの蓋を開けて、内部の浮き球の状態を確認し、浮き球に接続が行われている部品が外れている場合にはそれを直せば問題は解決します。 タンクの底には水を便器に送り込むための排水弁が設けられています。 排水弁は水圧により抑え込みが行われ、便器への給水を停止する仕組みを持ちます。
排水弁はゴム製の部品でゴムが劣化していると隙間から水が漏れてしまい、便器に水が流れ続けてしまうケースもあります。 排水弁の部品を交換する事で、弁がしっかりと閉まるようになるので、便器に流れる水がストップします。 尚、タンク内が原因での水漏れの場合には簡単に解決する事もありますし、部品交換で修理が出来るケースが多くあるのが特徴です。 これに対し、便器内からの水漏れはトイレの詰まりが原因の可能性が高くなります。 床上に水が流れるのは便器内の詰まりが原因で、排水溝への水の流れを抑えてしまっているからです。 尚、排水溝近くで詰まりが起きた場合、便器を取り外すなどの作業が必要になる事もあります。
タンク内のトラブルが原因の場合であれば、タンクの仕組みをある程度理解していれば自分で直す事は出来ますが、便器を取り外すなどの作業が必要になるので専門業者にお願いして、水漏れの原因を究明して貰う、修理費用の見積もりをお願いする、料金を確認した上で修理をお願いするなどの流れで水洗トイレの水漏れを解決する事が出来ます。 尚、どのような症状でも専門業者にお願いする時には評判が良い業者を選ぶ事、修理する前に見積もりを作成してくれる業者を選ぶ事が大切です。

水漏れした水洗トイレを安く修理するには

家の中にある水まわりで水漏れが起こると一番困るのがトイレです。最近の家庭はほとんどすべてが水洗トイレです。毎日、家族全員が使用し大量の水を流しているので水漏れがよく起こる場所です。水漏れが起こるとトイレ自体が使えなくなり、溢れた水が廊下や他の部屋に流れ出したり、二階にある場合は階下に水が滴り落ちる場合もあり状況の悪化を招くこともあります。起こると早急に修理をすることが大切な場所です。
水洗トイレの水漏れを安く修理するにはまずは落ち着いて行動することが大切です。慌てて自分でなんとかしようとして逆に悪化させ費用がかさむこともあります。またあせって近くにある業者に依頼して高額な費用がかかりこともあります。まずは落ち着いて対処することが必要です。そのためにはまず漏れている水を止めます。トイレ内にある止水栓を閉めると水は止まります。止水栓の場所がわからない場合は、家全体の水まわりを止める水道の元栓を閉めます。
こうすることで被害の拡大を防ぎ、落ち着て次の処置を行うことができます。水漏れの原因を調べることも大切です。どこから水が漏れているかを調べます。場所は、トイレのタンク、給水、排水のパイプ、ウォシュレット部分などがあります。タンクだとタンクそのものの破損以外にタンク内の部品の劣化、動作異常、タンクとパイプの継ぎ目の劣化などが原因です。パイプではパイプの劣化、破損、ジョイント部分の劣化、ウォシュレットではウォシュレット部分の故障などがあります。
ある程度漏れの原因を特定できれば修理に係る費用を調べることができます。ネットや水洗トイレの取り扱い説明書などを見れば部品交換の費用を調べます。そして業者を調べます。できるだけ早急に対応してくれて安い値段で対応してくれる業者を調べます。業者により係る費用はさまざまです。出張料金や夜間料金にも差があり、どちらも無料の業者もあります。数社の業者を特定できれば電話で連絡し状況を説明します。そうするとほとんどの業者が概算での費用を提示してくれます。そこから値段が安く条件の良い業者を特定し依頼します。修理に係る時間、日数と費用の両方が条件に合致する業者に依頼して実際の水漏れ箇所を見てもらうと、ほとんどの業者が見積もりを提示してくれます。
見積もり額に満足しなければ業者は処置を実行しません。また見積もりのみなら費用はかからない業者もあります。十分に調べて納得の上で信頼でき格安の業者に依頼することが大切です。

水栓トイレ水漏れ修理事例

作業前
作業中
 
作業前
作業後
 


※当ページの写真は口コミ投稿者からご提供いただいた写真です。

 

オススメの水道屋さん

  • 住まいる水道

    金メダル

  • グローバルメンテナンス

    銀メダル

  • ラインファミリー

    銅メダル