水回りトラブル豆知識 トイレ編 | トイレ便器の水漏れに関して | 水道屋さん比較ナビ

水道屋さんの選び方や料金相場などを徹底比較

水道の水漏れ修理など水周りの工事をご検討中の方は
必ず最適な水道屋さんが見つけられます!

比較ナビ源泉の水道屋さん徹底比較

水回りトラブル豆知識 トイレ編

マメに掃除しないと温水洗浄便器が水漏れする

一昔前までは、あまり見かけなかった温水洗浄便器ですが、今では多くの家庭の便器で使われています。そんな温水洗浄便器で困ることは、水漏れなどのトラブルです。良く起こるトラブルとしては、ノズルからの水漏れがあります。この場合、ノズルだけを交換するだけでなくバブルユニットの交換が必要になることもあります。状況に応じて修理方法が異なるので、専門家に依頼してみてもらうことをおすすめします。
バブルユニットという部品は、ノズルが水を出したり止めたりする際に作動する部分です。ノズルからの水漏れは、このバブルユニットの内側にあるダイヤフラムパッキンに水垢などが溜まり詰まってしまうために起こります。このようなトラブルの場合掃除をすれば治ることもありますが、再発防止を考えるならバブルユニットごと交換する方が良いでしょう。ノズルの水漏れを起こさないためにも、定期的に温水洗浄機便器の掃除を専門家に依頼することが大切です。
またバブルユニットなどの交換は、装置を分解する必要があるため素人がおこなうことは難しいといえます。素人がおこなうと、思わぬ事故につながることもあるので水道業者などに修理してもらいましょう。
緊急の対策方法としては、トイレ内の止水栓を閉めてから電源プラグをコンセントから外します。もし止水栓の場所がわからない時や止水栓が閉められないという場合は、水道の元栓を閉めておきましょう。水道の元栓を閉める場合は、家全体の水道が使えなくなるので、できるだけ早く水道業者などを呼んで対処してもらうことが必要です。一旦水漏れを止めて電源を切っておくことで、被害の大きさを最小限にとどめ漏電の危険性も回避できます。止水栓には様々な種類がありますが、たいていはマイナスドライバーを使って閉めることが可能です。
バブルユニットの耐用年数は、だいたい10年程度だといえます。水道業者などに定期的に装置内の掃除を依頼すれば、劣化による水漏れなどのトラブルを招くこともなく快適に利用することができるでしょう。
温水便座便器は、現代人にとってとても便利な装置です。出来るだけ長く利用したいのであれば、定期的に掃除や点検をすることが必要です。温水洗浄便座は、電気や水を使うため常に手入れには気をつけておきましょう。
トイレを気持ちよく利用するためにも、マメに掃除をおこない美しい便器を保つことが大切です。
万が一、トラブルが起こった時は水道業者などの専門家に依頼することをおすすめします。

トイレタンク修理事例

作業前
作業中
作業完了後
作業前
作業中
作業後
      

便器の水漏れは実は結露?原因を突き止めよう

便器の水漏れの原因が、水漏れではなく結露であることは良くあります。便器は結露が発生しやすい条件が揃っています。結露は発生原因を知ることが大切です。空気中には一定量の水蒸気が含まれていますが、その量は空気の温度により異なります。空気の温度が高いと多くの湿気を含むことができ、空気の温度が低いと、少ない湿気しか含むことができません。
便器や貯水タンクの周囲は、流水の影響により空気の温度よりも低い温度になる場合があります。その時、空気中に含まれる湿気が便器や貯水タンクの表面に水滴となって現れます。便器以上に給水に用いる配管類に、より多い水滴が発生する傾向にあります。機器の破損による水漏れと見分けるには、機器や配管の表面に連続した水滴が発生しているかどうかにより、見分けることができます。
水滴の発生は季節や時間により異なります。季節的には春や秋の気温変化が大きな季節に起きやすい傾向にあります。時間帯では、水道水の温度が低い早朝や午前中に発ししやすい傾向にあります。
便器の周りに水滴を発生させないためには、二つの方法があります。ひとつは、トイレ内に湿気を溜めないことです。トイレは換気扇により換気することで、湿気を最小限に抑えることができます。現代の住宅はシックハウス症候群を防止する目的から、24時間換気扇の設置が義務付けられています。24時間換気扇をトイレに設置することにより、トイレ内の湿気を抑えることができます。
水滴の発生を抑える方法として、配管類の周囲に断熱材をまく方法があります。配管類の周囲は水滴が発生しやすいので、断熱材の設置により、低温の配管類と湿気を含んだ暖かい空気の接触を避け、水滴の発生を抑えることができます。しかし、それだけでは、完全に水滴の発生を抑えることはできません。
便器に発生する結露が原因の水滴を完全に押さえるのは難しい面があります。トイレの床は水滴の落下を前提とし、防水性の高い材料を用いる必要があります。トイレの床に適した材料としては、タイルやビニルシートがあります。どちらも防水性が高く、水に強い材料です。
水漏れの原因が機器の老朽化やパッキングの破損等による場合は、水漏れは局所的で断続的になります。水漏れの部分とその周囲を観察することにより、原因を特定することが可能です。いずれにしても、水が漏るのは非日常的なことです。冷静に状況を確認することで、原因を特定することができます。

トイレタンク修理事例

作業前
作業中
作業完了後
作業前
作業中
作業後

 

便器の水漏れは厄介!損傷がないか即確認

日常的に使用するトイレでは、清掃をかかさないことも清潔を保つという意味では重要です。ですが、トイレタンクや便器との連結部分、パーツを止めているボルトなどに関しても使用していくことで劣化などにより水漏れの原因になることがあります。
また、水漏れをする箇所によっては水漏れが少ない場合もありますが、便器などの場合には少々厄介なケースもあります。便器から水漏れするという場合には、便器との連結部分から水が漏れているケースや便器そのものに対してヒビが生じているケースがあります。
連結部分の場合にはボルトの緩みやパッキンの磨耗、劣化によることが原因の可能性が高いですが、便器の場合にはヒビの状況によってはちょっとした修理しただけでは、その後悪化して亀裂が大きくなってしまうこともあります。
基本的に損傷状態の場合には、専門の業者に修理を依頼することが大切です。水漏れやトイレに対しての知識も豊富なため、安心して修理を任せることができるでしょう。また、水漏れの場合には、できるだけ早く修理してもらうことで被害を抑えることにもなります。水の漏れ方にもよりますが、大量に水が漏れてしまうとトイレから水が溢れてしまい室内の床などにも被害が及ぶこともあるでしょう。そのような事態を防ぐためにもできるだけ早く業者に連絡をいれて修理に来てもらうことが大切です。
業者を選ぶポイントとしては、いくつかの業者に見積もりを出してもらうことやインターネット上で業者の情報を集めることも大切です。確かにできるだけ早く修理をしてもらうという点においてはどの業者でもいいから頼みたいという気持ちは理解できます。ですが、優良な業者に頼むことができればいいですが、なかにはいい加減な作業をする業者もいることも事実です。納得のいく業者を見つけるためには、比較することが大切です。
見積もりによる料金の比較や見積もりの内容がわかりやすいかどうかという点も重要です。内容がわかりにくい業者は高く見積もっている可能性もあるため、注意が必要な場合があります。また、インターネットで検索することで業者に関していろいろと情報を集めることもできます。業者を利用した方のコメントなどを見ることも参考になるでしょう。業者に関して少しでも多くの情報を集めることで信頼できる業者なのか判断するための参考になります。修理を頼むならできるだけ優良な業者を見つけることも大切なことです。

便器本体からの水漏れはプロにおまかせ

トイレは毎日頻繁に使うものですので、便器に水漏れなど発生したら大変です。水漏れの発生する箇所は一つではなく、たとえば気付いたら床が水浸しになっていたり、手荒い管から水が漏れ出していることもあります。また、洗浄レバーからも水漏れが発生することはありますので、水の通っている幅広いところから発生する可能性があると考えて間違いありません。その中でも、便器からの水漏れとなると衛生面での心配も出てきますのでかなり慌ててしまいます。
便器本体から水が漏れ出している場合、主に三つの要因が考えられます。一つ目は、便器にヒビなどが入って損傷してしまっているケースです。便器も経年劣化による不具合は起こりますので、ある程度の年数が経過したらこまめにチェックしておくと良いようです。ヒビは大抵ごく小さなものから発生し、それに気付かずに過ごしている間にどんどん酷くなります。ヒビが大きくなればそこから漏れだす水の量も増えますので大変な状況になってしまいます。本体にヒビが入ってしまったら、交換するしかありません。交換となると大掛かりにはなりますが、原因がハッキリとしているので対処しやすいケースでもあります。交換時にはもちろんプロに依頼しなければなりませんが、その際にはサイズだけでなく必要な機能などをあらかじめピックアップしておくとスムーズです。
他にも便器周辺の配管接続部の緩みや劣化が原因のケースがあります。接続部に怪しい箇所がある時にはバルブやナットを一度締め直して様子を見てみるようにします。それでも直らなければプロに依頼しなければなりません。配管内部や止水栓内部のパッキンなどに劣化によるトラブルが起きている可能性が高くなりますので、依頼して交換してもらう必要があります。
そして、便器本体に水滴が発生する結露のようなケースもあります。これは単純に温度差が原因になっていますので、温度の変化があまり起こらないように対策を講じることで改善されます。家の間取りや建てつけによっては起こりやすい現象であり、カビの原因にもなりますので気をつけなければなりません。
結露以外の原因は、なかなか自分では対処できません。ですから、水漏れが見つかった時点ですぐにプロに依頼してしまうことが大切です。何とかしようと色々いじってしまうと、かえって状況を悪化させてしまう恐れもありますので、正しい原因をすぐに特定してもらわなければなりません。

トイレタンク修理事例

作業前
作業中
作業完了後
作業前
作業中
作業後


※当ページの写真は口コミ投稿者からご提供いただいた写真です。

 

オススメの水道屋さん

  • 住まいる水道

    金メダル

  • グローバルメンテナンス

    銀メダル

  • ラインファミリー

    銅メダル