水回りトラブル豆知識 トイレ編 | トイレの水漏れ修理費用と期間 | 水道屋さん比較ナビ

水道屋さんの選び方や料金相場などを徹底比較

水道の水漏れ修理など水周りの工事をご検討中の方は
必ず最適な水道屋さんが見つけられます!

比較ナビ厳選の水道屋さん徹底比較

水回りトラブル豆知識 トイレ編

トイレの水漏れ修理費用と期間【タンク外の場合】

トイレは水漏れや詰まりなどのトラブルが起こりやすい部分です。
詰まりが生じてしまうと、生活に支障を来たしますし、水漏れが生じている場合でも、どこから水が漏れているのかにより緊急度も変わります。
例えば、水を流した後に便器に僅かな水が漏れて来る場合は、タンク内部の部品が劣化しているなどが原因となるため、部品交換を行う事で修理が出来ます。
しかし、便器の真下から水が漏れて来るなどの症状は緊急度が高くなります。
便器内部の構造は複雑なもので、水を常に溜めておく場所があり、そこから真上に向って排水路が伸びていて、便器の上側部分では急カーブが作り出されています。
カーブを超えると真下に向って流れるようになっていて、便器の真下には排水溝が設けられている、そして排水講付近で詰まりが生じている場合、ここから汚水が漏れるなど不衛生な状態になります。
タンクの中が原因の場合、止水栓を閉じてから蓋を開けて内部を確認します。
この時、浮き球が外れている、底部分に付いている蓋が完全に閉まっていないなどの場合は、自ら修理を行う事で症状を直す事は出来ますが、部品が劣化して便器に水が漏れる場合には部品交換が必要です。
しかしながら、タンク内部が原因などの場合は、比較的難易度は低くなるので、症状などに応じて自分で直す事も出来ますが、タンクの外側からの水漏れの場合には専門業者に依頼するのがお勧めです。
便器の真下にある排水路付近で何かが水の流れを堰き止めてしまう、いわゆるトイレの詰まりが原因の場合には、便器を取り外すなどの修理が必要になります。
ちなみに、水トラブルを解決してくれる業者の中には24時間受付、夜間でも出張して対応してくれる所があります。
汚水が溢れるトラブルは単なる水漏れトラブルだけではなく、衛生面でも不安が出て来ますし、マンションなどのような集合住宅の場合には、階下の部屋への漏れなども心配になります。
尚、トイレの修理の中でも便器を取り外す場合には、時間も手間も掛かる事になります、修理をするのに費用がどのくらい掛かるのか不安に感じる人も多いと言えましょう。
業者の大半は事前に状態を確認する、見積もりを作成するなどの手順で作業を進めてくれるので、費用がどのくらい掛かるのかを把握した上でトイレを直して貰う事が出来ます。
ちなみに、業者を選ぶ時には口コミ評判などをチェックしておく、トラブルが起きる前に業者探しをしておけば緊急時でも安心です。

トイレタンク修理事例

作業前
作業中
作業後
作業前
作業後
作業後

 

トイレの水漏れ修理費用と期間【タンク内の場合】

トイレの水漏れは、タンク内の問題によって起きることがあります。この場合はいろいろ理由が考えられ、修理費も修理にする部分によって異なってきます。部品の一部が壊れて、トイレの水漏れが起こっている場合は、費用は安いこともあります。全体が劣化して、水漏れが起こる場合もあります。その場合は、新しいものと交換しないといけないので、費用が高くなります。
ゴムフロートが劣化して、水が漏れだすことがあります。この場合、他の部品が壊れていなかったら、ゴムフロートだけの交換になります。その費用は、8000円から1万円程度です。他に出張費が必要になります。これは2000円から4000円程度です。ゴムフロートの交換は1時間以内で終わります。
止水栓やフラッシュバルブが壊れて、水が止まらなくなることがあります。その場合は、原因となっている部品を交換することで、水を止められます。部品の交換費用がまず必要になります。その金額は、8000円から13000円程度です。部品の中で、一番高額なのはロータンクサイフォンです。これは安い場合で10000円程度、高い時は13000円になります。劣化した部品の交換には、それほど時間はかかりません。2時間以内で終わることが多いです。上記に書いたような部品を交換する時にも、出張費は必要になります。地方だったら2000円程度ですが、都市部は高いことが多く4000円程度になることがあります。業者によっては、出張費が無料のことがあります。節約したい時はそんな業者を選びましょう。
中の部品だけではなく、タンクが劣化していることもあります。特に古いものは劣化が進んで、そのことが原因になって、水が漏れるようになります。その場合の費用は高額で、10万円程度になります。この場合は、まず新しいものを買わなければなりません。その後に、業者に取り付けてもらいます。取り付けの費用は3万円から5万円程度です。取り付けの工事代と、新しいものがセットになっている業者もいます。この場合は費用が大幅に安くなり、6万円程度のことがあります。このタイプのトイレの工事は、ある程度時間がかかります。3時間程度のことが多いです。自分の希望するタンクの在庫がなかったら、当日に工事ができないことがあります。水が止まらなくなっている場合は、これは避けるようにしましょう。トイレの部品の在庫を多く持っている業者だったら、当日のうちに工事を終わらせることができます。

トイレ給水管交換事例

作業前
作業中
作業後
作業前
作業後
作業後

 

トイレの水漏れ修理費用と期間【フラッシュバルブの場合】

トイレのフラッシュバルブは、水の流れを調節する部分です。この部分が壊れてしまうと、水漏れが起きることがあります。なるべき早く業者に依頼して、修理を頼んだ方が良いでしょう。この部分が壊れたままだと、水漏れがひどくなって、トイレが水浸しになることがあります。トイレ用のフラッシュバルブには、2つの種類があります。小便用と大便用です。修理にかかるお金はそれぞれ異なっています。
大便器の方のバルブを直す時の料金は、1万円から2万円程度です。これが基本料金になって、他に出張費やバルブ代が必要になります。出張費は3000円前後のところが多いです。安いところでは2000円程度、出張費無料の場合もあります。この費用を抑えたい時は、依頼する前に確認しましょう。バルブ代は2万円から2万5000円程度です。修理のために、タンクを分解してみると、他の部品の劣化が見つかることもあります。その場合の費用は、5000円から1万円程度です。ピストンバルブなどの劣化によって、水が止まらない時は、フラッシュバルブを交換する必要がないこともあります。
バルブを直すのは1日で終わることが多いです。ただし、部品がなかったり、業者が他の家の依頼を受けている時は、直すのにそれ以上の時間がかかることがあります。
小便用のバルブが壊れることもあります。その場合に直す費用は、5000円から1万円程度です。大便用のバルブの時と同じように出張費も必要になります。その費用は、概ね2000円から4000円程度です。バルブを交換する時は、5000円から1万円程度かかります。小便の用の水漏れが起きる時は、バルブ以外のものが原因になっていることがあります。例えば、押しボタンが壊れて、水が止まりにくくなることがあります。その場合に、バルブに問題がなかったら、押しボタンのみの交換になります。押しボンタンの交換の費用は、2000円程度です。小便用のバルブの交換にもそれほど時間はかかりません。2時間から3時間で終わることが多いです。ただし、部品がない時は取り寄せになり、交換に時間のかかることもあります。急ぐときには、豊富な在庫を持っている業者を頼むようにしましょう。
上記に書いたような修理は、いろいろな業者が引き受けてくれます。その中では、水道局から指定された水道局指定工事店がお勧めです。そのような業者だったら、バルブの修理に合った技術を持っています。

トイレタンク修理事例

作業前
作業中
作業後
作業前
作業後
作業後

 

トイレの水漏れ修理費用と期間【便器下・床下の場合】

トイレの水漏れの形態には給水経路、排水経路の2つがあります。便器下や床下の場合には双方のパターンが考えられ、対処をするには、まず、原因の特定が最初の作業になります。一般的に見られる水漏れの原因としては、トイレタンクなど機器そのものが破損を起こしている場合、配管部品に不具合が生じている場合、給水パイプが破損している場合などがあり、修理には専門業者への依頼が必要になります。
トイレ修理は、他の水回り同様にDIYによる方法がネット等に掲載されています。確かにパッキン等の交換など、軽微な内容の場合にはDIYでも簡単に行うことができますが、水漏れなどの場合には、完璧に治すためにも専門業者への依頼が最適な方法になります。
費用と期間に関しては、通常であれば8,000円から11,000円の相場で、数時間での作業になります。ただし、破損等が原因であれば新しい機器を取り寄せる必要があり、その分、費用も時間もかかることになります。反面、カラーや機能を刷新できることになり、年数が古いなど、場合によっては簡単なリフォームのきっかけにすることができます。
トイレの場合、便器の交換があったとしても、器材が揃っていれば時間もかからず短時間で修理は完了します。厄介なトラブルとしては、床下からの給水経路や排水経路のケースがあり、この場合、作業をするには床の撤去が必要になります。つまり、最終的に床の復旧までが行程になります。
水漏れが発覚する理由には2つあり、1つに目視による漏水の確認、もう1つは水道料金の確認と水道局から指摘があります。漏水の場合では慌てて対処する人も多くいますが、まず、止水栓箱にあるパイロットメーターを確認する必要があり、激しく動いているようであれば、応急処置として最初に止水栓を止める必要があります。専門業者への依頼は、知らないようであれば市の指定業者から確認をすることができ、水道料減額請求の対象であれば払い過ぎた水道料金の還付を受けることもできます。
床下の漏水は、例えば、便器だけの交換では済まないことも多く、必ず、見積を取ることが大切です。トラブルでの対処のために、できるだけ迅速に見積提出できる業者に依頼をする必要があり、通常、水道局指定業者の場合には緊急窓口を設けているために安心して依頼をすることができます。
修理の依頼では、金額とともに行程の確認が必要になります。床下の場合には修理中はトイレを使用することができなくなるために、時間等を調整した上で工程を組む必要があります。




※当ページの写真は口コミ投稿者からご提供いただいた写真です。

 

オススメの水道屋さん

  • 住まいる水道

    金メダル

  • グローバルメンテナンス

    銀メダル

  • ラインファミリー

    銅メダル