水回りトラブル豆知識 トイレ編 | TOTOトイレの水漏れ修理 | 水道屋さん比較ナビ

水道屋さんの選び方や料金相場などを徹底比較

水道の水漏れ修理など水周りの工事をご検討中の方は
必ず最適な水道屋さんが見つけられます!

比較ナビ源泉の水道屋さん徹底比較

水回りトラブル豆知識 トイレ編

トイレ(toto)の水漏れレスキュー!手洗水が止まらない!

トイレの水漏れはいろいろなケースがありますが、トイレ本体からの水漏れだけではなく、手洗い水が止まらないというのも良くあるトラブルです。
totoは大手メーカーとして様々なケースでのトラブルの原因や対処方法を公開しています。便器の洗浄レバーを引いて水が流れるのですが、この時、玉鎖が外れていることで、排水の弁が絡まって水が止められなくなることが大半です。そのためには、まず、落ち着いて玉鎖がどうなっているかを確認しましょう。
外れている場合には、正しい位置に戻せば解決出来ます。不安な場合には、totoへ電話で問い合わせしながら行うようにすれば問題なく出来るでしょう。また、玉鎖が劣化しているために外れやすくなる可能性も高くなります。その際には、新しいものと交換が必要になります。ホームセンターなどで買い求めることも出来ますが、それが出来ない場合には、設置業者にまずは相談をすると適切なものへ交換をしてくれます。交換自体は、短時間で出来るので安心です。
しかし、玉鎖が外れていないのに、水が止まらない場合には、他の原因になります。トイレの設置業者かtotoのメンテナンス部門へ連絡をしましょう。手洗い水が思いがけずに留まらずに水漏れを起こしてしまうのは、誰もが驚いてしまうものですが、実は、原因として良くあるのが玉鎖の外れです。
まずは、冷静になってタンク内部を見るようにしてみましょう。予防方法としても、適度にタンク内部をみるのも役立ちます。パーツの位置が正しくないことで、水が溜まらないこと、水が流れないこと、手洗い水が止まらないこともあり得ます。パーツの位置を確認しておけば、まず、トラブルになることを事前に知ることも出来るようになります。そのためにも、普段は何気なく当たり前に使っているトイレですが、パーツの役割や構造を基礎的なことだけでも知っておけば、いざと言う時に困っている時間を短くして自己解決出来るケースもあるので役立ちます。
疑問点や気になる点は、安心してtotoに問い合わせも出来るのでいつもと違うことに気づいたら事前に問い合わせしてみましょう。それぞれの事例に合わせた説明をしてくれるばかりではなく、対処方法としてありがちなトラブルについての説明も受けられます。手洗い水が止まらないことは、あり得る話ですので、いざと言う時のために一度、内部を見ておくのも賢明だと言えるでしょう。普段はなかなか見ないものですが、見ておけばある程度の予測が出来るようになり不安も払しょくできるのではないでしょうか。

トイレ(toto)の水漏れレスキュー!洗浄水が流れ続ける

現代家屋のほとんどには「水洗トイレ」が設置されています。未だに古い形式の家屋の場合は「汲み取り式トイレ」が設置されている可能性もありますが、「水洗」は便利ですがメンテナンス性が高く、状況次第では思わぬ問題が発生する可能性があることをよく理解することが大切です。「汲み取り式」はさまざまな苦労がありますが、メンテナンスは非常に楽に済むメリットがあるように、「水洗」の特徴をよく知っておきましょう。
「水洗式」は、文字通り水を流すことによって器内を洗浄します。大小の排せつ物を水流によって押し流し排水し、管内の一部を水でふさぐことによって臭いや虫の発生を予防するといった仕組みになっています。最大手のメーカーである「toto」には、設備、性能などによってさまざまな商品ラインナップがあります。安いものと高いものの違いは、「衛生的な機能の充実度」「便器の耐久性」「防汚性」などです。
「toto」製のトイレは非常に品質が高く、仮に価格が最安付近の商品だとしても、下手なものよりも品質が良いものがたくさんあります。ただ、どれほど高い品質を誇る商品だとしても、トラブルが発生する可能性は0でありませんし、万が一、トラブルが発生した場合の対処方法を把握しているかどうかはとても大切です。「toto」製品に限りませんが、「水洗式」でよくあるトラブルの一つとして、「水漏れ」があります。
ここで言う「水漏れ」とは、たとえば給水管から水が漏れだして室内を水浸しにしてしまうような状態だけでなく、「タンクからの排水が停止せずに延々と水が流れ続けてしまう状態」も含めます。それぞれで対処方法は違いますが、基本的な流れは次の通りです。
配管からの水漏れが起こっている場合、配管に亀裂が入っていてそこから水が漏れているか、もしくは接合部分のシーリングまたはパッキンが劣化して水が漏れていることが多いです。この場合、いずれかの部分をそっくりそのまま交換する方法で修復するか、もしくは耐水性のゴムシールなどを貼り付けて修復する方法があります。
タンクからの水漏れの場合は、「オーバーフローバルブ」を適切な位置に調整することが必要です。場合によっては新しいバルブに交換する必要もあります。けっして難しい作業ではありませんが、安全性を含めて確実な対処を望むのであれば、自分で対応しようとするのではなく「toto」や「地域の修理業者」に修復を依頼した方が賢明です。

トイレ排水管水漏れ修理事例

作業前
作業中
作業完了後
作業前
作業中
作業後

 

トイレ(toto)の水漏れ応急処置

totoのトイレは、品質が良く長持ちするという声が多いですが、長年使い続けたことによる劣化で、水漏れが発生することがあります。水漏れは静かに起こることが多いので、床の色や柄によっては気づきにくく、意図せず放置してしまっていることもあります。
水漏れ見つけた場合、応急処置として、とりあえず水の流れを止める必要がありますので、すぐに止水栓を閉めます。止水栓は故障時に水を止めたり、水の強弱を調整するためにあります。止水栓を閉めなければ、いつまでも水は出続けます。止水栓の場所は、タンク密結便器の場合は向かって左側、水洗レバーの反対側にあります。ネオレスト便器の場合は、向かって左側の下のすっきりパネルの中に隠れています。ウォシュレット用の止水栓と間違えないようにしましょう。止水栓が見つからない、または固くて回らない場合は、家屋全体の元栓を閉める必要があります。
止水栓を閉めるには、マイナスドライバーや付属品の開閉工具を用います。閉める時は時計回りに回します。タンク密結便器のフィルター無し止水栓タイプではマイナスドライバーを使って、フィルター付き止水栓タイプでは開閉工具やマイナスドライバーを使って閉めます。ネオレスト系便器の場合は、手締めで開閉できるトイレもあります。
止水栓を閉めるということは、それ以降トイレが使えないということですし、家屋全体の元栓を閉めた場合は、水道も使えません。すぐにトイレを直す必要性がありますので、速やかに行動しましょう。
止水栓を閉めて応急処置ができたら、totoのお客様サポートに問い合わせをして、プロに相談してみましょう。totoのお客様サポートに電話をすると、もう一歩踏み込んだ応急処置の方法など的確な指示を受けたり、そのまま修理の依頼をすることもできます。
トイレは複雑な家電製品なので、自分で修理しない方が良いです。水漏れを軽く捉えず、プロであるtotoに連絡した方が間違いがありません。水と電気の組み合わせは感電する恐れがあり、素人による修理では不十分なケースが多く、今後また不便な状態になることがほとんどです。
totoに修理を依頼した場合、トイレでは訪問修理となります。totoでは訪問修理は365日、年中無休で対応してくれます。平日と祝日で料金も同じなので、いつでも修理に来てもらえます。申し込みは、電話でもホームページでもできますが、早く修理してほしい場合は電話が良いです。無料になることもありますので、保証期間も確認しておきましょう。

急な水漏れ!トイレ(toto)のタンク内チェックポイント

トイレの場合でも水周りの場所になるので、急な水漏れが起きてしまうことがあります。
素人ではなかなか判断することが難しい傾向にあるので、修理に関しては専門業者に任せることがおすすめの方法です。totoのトイレを使っている住宅で、背面に水栓タンクが設置されている場合、チェックポイントとしては、まずは浮き球をチェックする方法があります。浮き球はtoto製でも樹脂で作られているタイプが多く、劣化してしまい穴などが開いてしまった場合では、内部に水が蓄積されてしまい、水漏れの原因になる可能性があります。
タンク底のゴム製のバルブを見る方法もあります。ゴムが劣化していたり、隙間に余計なゴミなどがたまっている場合でも漏れてしまうことがあるので、専門業者の判断で修理を行う必要があります。オーバーフロー管をチェックすることも必要です。管には目安となる水位というものが設定されていて、toto製でも例外ではありません。通常ではオーバーフロー管よりも水位が低く設定されているのですが、何かの調子で水位が上昇してしまうこともあります。
このケースではバルブで調整する方法も用意されているので、専門業者に任せる方法で意外と簡単に修理を済ませることができます。オーバーフロー管自体に損傷がある場合でも、パーツ交換を行うことが必要とされていて、バルブ側で調整できない場合では、ボールタップ部分の全てのパーツを交換することが求められる可能性もあります。このようなケースでは比較的大掛かりな修理になることが多いので、専門業者に相談する方法で良い解決策を見つけることができます。
一般的にはtotoのトイレの場合では、パーツを広く販売している会社になり、汎用品として販売されているパーツも多い傾向にあります。そのため、多くのケースで専門業者に依頼すると水漏れをその場で直すことができるので、迷うことなく相談してみることがおすすめになります。
他にも浮き球が他のパーツと接触していないかどうか、フロートバルブを吊り下げている鎖の長さが適切かどうかなど数々のチェックポイントというものがありますが、素人が簡単に判断することができない場合も多いので、水漏れが気になってしまった際には早急に水道修理の専門業者に問い合わせを行って解決することが何よりです。
トイレのタンク内の場合では比較的低料金にて直すことも不可能ではないので、水漏れを感じた際には焦らずにプロに任せることが最も良い方法です。

トイレ給水管交換事例

作業前
作業中
作業前
作業後


※当ページの写真は口コミ投稿者からご提供いただいた写真です。

 

オススメの水道屋さん

  • 住まいる水道

    金メダル

  • グローバルメンテナンス

    銀メダル

  • ラインファミリー

    銅メダル